こだわり旬の旅

【北海道・余市&小樽】ここは外せない 小樽運河&旧国鉄手宮線跡でレトロ散歩 

[ 2017年10月6日 19:09 ]

観光客に大人気の小樽運河。湾曲しているのがよく分かる
Photo By スポニチ

 余市からは運河で代表される北海道屈指の観光地、小樽市へ足を伸ばした。運河までは石原裕次郎の「裕次郎ホーム」があるJR函館本線小樽駅から徒歩約10分。1923年(大12)に完成し、国内唯一の海岸の沖合い埋め立て方式で造られたため、緩やかに湾曲しているのが特徴だ。全長1140メートルで、幅は臨港線沿いが20メートル、北運河は当時と同じ40メートル。運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のままでレストランなどに再利用されており、レトロな雰囲気。観光客でにぎわうのもうなずける。

 運河と並んで人気なのが、駅から運河に向かう途中の遊歩道に線路が残る、約2キロの旧国鉄手宮線跡。北海道最初の鉄道で85年(昭60)に廃止された幌内鉄道の線路の一部で、記念写真を撮る若い男女でいっぱい。こちらも負けずにシャッターを押しまくった。小樽観光協会=(電)0134(33)2510。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る