MBSアナウンサー 辻沙穂里の「囲碁よろしく」

自分を自由に表現できる場所をありがとうございました!

[ 2020年3月11日 05:30 ]

スポニチ読者の皆様、1年間ありがとうございました!
Photo By 提供写真

 昨年の4月に始まった「辻沙穂里の囲碁よろしく」ですが、今回で最後となります。

 このコラムが決まったとき、打ち合わせで担当の方からは「もちろん囲碁のことでもいいですし、辻さんのことを何でも自由に書いてくださいね」と言われ、困り果てたのを覚えています。「私のことって何だろう、しかも新聞に書けるこ!?」と悩み、毎月少ない引き出しを片っ端から開けていました。

 幼少期の囲碁との向き合い方、今は仕事にどのように囲碁を生かしているのか、時には完全にプライベートなこと、などぎりぎりまで手を伸ばした私の周辺のことを本当に自由に書かせていただきました。このコラムを通して囲碁に興味を持って頂きたいという思いももちろんありましたが、仕事への向き合い方などを書いていくことで、次第に自分が見えていなかった心の中を文字として表現する場所にもなっていきました。

 さて、では最後に最近私が免疫をあげるためにやっていることをご紹介します。こんな風に唐突に、やや無理やりに自分のプライベートにつなげるのもこのコラムの醍醐味(だいごみ)だと思
っていますので最後までお付き合い下さい(笑い)。

 最近やっていること、それは腸の中をきれいにすることです。発酵食や食物繊維を積極的に摂って腸内を常にきれいにすることで、あくまでも私の場合、免疫力が上がりさらに心も前向きになれるんです。花粉症もだいぶ軽減されています。まずは1日1パックの納豆を食べることから。是非始めてみてください。

 新型コロナウイルスが落ち着き平穏な日々が戻るまで、まずは私ができることを頑張ってみます。皆さまどうかお身体ご自愛ください。1年間ありがとうございました。(終わり)

 ◇辻 沙穂里(つじ・さおり)1994年(平6)5月17日、東京都出身。慶応大卒。18年MBSに入社。6歳で囲碁を始め、小学生でアマ6段に。全国高校囲碁選手権女子団体で優勝した実力者。担当番組は「痛快!明石家電視台」「ミント!」など。

続きを表示

バックナンバー