×

“異次元の出合い”パラソル級ヤリイカ 恋愛と同じく障壁がある方が燃える

[ 2022年3月7日 07:14 ]

北本名人と。パラソル級の引きは強烈
Photo By スポニチ

 【あやかりフィッシング】茨城県鹿嶋沖のヤリイカが釣れている。モデルで釣りガールの富士村彩花が乗り込んだのは清栄丸。45センチ超の“パラソル級”の当たりは異次元のものだった。

 仕事も恋愛も人生も。一筋縄ではいきません。むしろちょっとくらい障壁がある方が、かえって燃えたりするものですよね。

 ヤリイカはそんな釣りかもしれません。たった100メートルほど先のイカに合いたいだけなのに。迫り来るサバ。潮の流れ。時にはオマツリも。投入から取り込みまで、いくつもの障壁を乗り越えた者にしか出合えない喜びがあるのです。

 所変わって、こちらは鹿嶋・清栄丸。今回はDAIWAフィールドテスターの北本茂照さんとご一緒させていただきました。

 ここ最近、鹿嶋沖のヤリイカは浅場に移動するタイミングでちょっと難しい状況。水深は140メートル。サバの大群が猛威を振るっているということで、直結仕掛けで挑戦してみました。

 朝イチの流し。なんと北本さん、いきなり4点掛けさく裂!イカを後からさらに追加して乗せる「追い乗り」で一気に竿が曲がっていく。

 素早く、そして丁寧な取り込みはまるで手品を見ているよう。ははぁ~負けじとシャクってみると…バチバチバチ!と、火花を散らすかのような凄い当たりが。

 「えっ!これ何の当たりですか?」

 ビックリして思わず手が止まる。イカといえば、モワンとした当たりのイメージ。

 「鹿嶋のヤリイカはパラソル級でデカいのが多いからね。餌が逃げちゃうと思って焦ってアタックしてきたんだろうね!」と北本さんが教えてくれました。

 やる気満々のパラソル級。私よ、ビビってる場合ではない。

 気を取り直して再びシャクり始めると、途中で竿がズドン!と止められた。乗った!

 テンションを張ったまま、すかさず電動リールをON。ヤリイカはスルメイカよりも身切れしやすいので最初は気持ち緩めに巻き始め、徐々に上げていく。ギューンギューンとうなる竿。途中で仕掛けがサバに当たる感覚がありヒヤヒヤしながら、「どうかバレないでくれ~、オマツリしないでくれ~」と祈るような気持ちで上げてくる。北本さんの場合は追い乗り、私の場合はお祈り。

 お祈り、大成功。水面に姿を現したのは堂々のパラソル級!見よ、これが鹿嶋のヤリイカだ!乗りが渋くなった時間帯は沖漬けを作ったり、イカを開いて船上干しを作ったり。釣りを楽しみながら同時にお酒のさかなも作れるなんてヤリイカ最高じゃないですか~!

 そんな最高の釣り。もっとうまくなりたいな、と思って北本さんにコツを聞いてみました。

 「この釣りはとにかく、一日を通して何回仕掛けを投入できるかが鍵。リーダーをつけて手繰りやすくしたり、回収時も二度手間にならないよう端からどんどん投入器に入れて次の投入に備えたり、常に考えて工夫しながら釣りをすることも大事だよ!」

 ▼使用タックル ロッド=DAIWA「極鋭ヤリイカ 91 MH―155 AGS」、リール=同「SEABORG 300J」、仕掛け=自作(ハリス6号 プラヅノ11センチ)。

 ▼釣況 鹿嶋・清栄丸=(電)0299(82)3691。集合は午前4時半。乗合料金1万2100円。

 北本さんイチ推しのヤリイカレシピ。“あやかって”作ってみました。

 「ヤリイカのユッケ風」

 みじん切りタマネギと細切りにしたヤリイカをまぜて、卵黄をトッピング!めんつゆをかけていただきます。シャキシャキタマネギの辛味とイカの甘味が最高にマッチ!イカんイカん、これはお酒も進んじゃうね~

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る