×

40センチ級マダイ釣ったど~! 年始彩る“めでタイ”大物まだまだ狙えまっせ 和歌山県みなべ町・田中丸

[ 2021年12月22日 05:30 ]

この日最長寸、40センチ級のマダイを釣り上げた永岡洋一氏
Photo By 提供写真

 年始の食卓を飾るめでたい魚といえばマダイ。毎年この時期にそのマダイを釣りに行くのがいつものパターン。しかし昨年は行けなかったので、今年こそはと和歌山県みなべ町の田中丸(スポニチ指定店)へ11日にチャレンジしてきた。(スポニチAPC・矢野 貴雄)

 冬場の海上は北風の影響でしけることも少なくないが、この日は風も弱く凪(なぎ)といえる状況。ポイントはみなべ沖の水深60メートルエリア、港から30分ぐらいの場所だ。

 夜明け前にポイントに到着し、仕掛けの準備に掛かった。テンビンにカゴとオモリ。オモリは潮に合わせて50~80号を選択するが、この日は50号のオモリを使った。ハリスは5号で長さが8メートルの一本針、餌は定番のオキアミだ。

 狙う棚は底から5メートル上げたところ。ここでカゴから餌を振りだし魚からの反応を待つ。

 少しして田辺市の小谷久夫さんが40センチオーバーのチダイを釣り上げた。これを皮切りにアタリが出始め、私の竿にもアタリがくるのだが上がってくるのは小ダイサイズのチダイ。

 トモでは小ダイも上がっているもようで、後はサイズアップに期待したいところだ。

 夢中で誘い続けていると日も昇り暖かくなってきた。すると先ほどの小谷さんの竿が大きく曲がり、少しやりとりがあって50センチを超えるような大きなサバが上がり、船上では短時間ではあったもののサバの時合いとなった。

 なかなか本命のマダイが来ない中、ようやく田辺市の永岡洋一さんが40センチ級のマダイをゲット。この日はこの魚がマダイの最大魚となったのだが、時間はまだある。

 出船すれば高確率で型の良いマダイが釣れているそうなので気合を入れつつ誘いを続行。

 しかし、アタリが来てやりとりの末に上がって来てもハマチやウスバハギにサバばかりでマダイの顔が見られない状態が続いた。

 結局、沖上がりの時間までいろいろな魚種が掛かってきたが、目当てのマダイは小ダイサイズがほとんど。次への意欲をかき立てられる結果に終わってしまったのだが、いろいろな魚がクーラーボックスにたっぷりという楽しい時間を過ごせた。

 田中丸では年末年始も元日のみ休船で、マダイ狙いをチャレンジできる。マダイのほかにも大小さまざまな魚種が釣れるので、お土産も確保できる上に十分楽しめる釣りだ。

 高速道路の拡幅工事も進み、アクセスがますます便利になった南紀。大型マダイを狙って皆さんもチャレンジしてみてほしい。問い合わせは田中丸(電)0739(72)3813へ。

 ◆アクセス 京阪神からは阪和高速道路→海南湯浅道路・みなべインターを出て国道424号を経て国道42号を白浜方面に進むと堺漁港に乗船場がある。鉄道はJR紀勢本線・南部駅からタクシーで約5分。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る