特大イワナ45センチ 狙い通り!!野生化したヒレピンGET 神奈川・丹沢ホーム

[ 2021年11月14日 05:05 ]

中村さんが釣った45センチの特大イワナ
Photo By スポニチ

 【奥山文弥の釣遊録】神奈川県の相模川水系にあるフライフィッシング釣り場「丹沢ホーム」に行ってきました。同行者はフライ歴5年目の中村なぎささん。彼女は放流したての魚ではなく野生化した魚を釣りたいとのことです。

 やる気のある魚を釣るため最上流エリアから入渓しました。まずは強い流れの中から大型ドライフライに食いついたのは元気なニジマスでした。水面に飛び出してドライフライにヒットしたあと、ジャンプしたので分かりました。なかなかの引きです。ラバーネットですくってみるとそれはヒレピンの魚でした。

 淵というか、流れが緩い場所ではたくさん魚が群れていて、アプローチを変えれば楽しく釣れそうでしたが、私たちの目的はやる気のある野生化した魚なので、これらはスルー。次々ポイントを変えました。

 途中のエン堤では大きなイワナがいるのが見え、それを狙ってみるといきなりヒットしました。それは彼女が求めていた美しいイワナでした。この魚を丁寧にリリースした後は私も釣り開始。中村さんが立て続けに5匹もヒットさせたので「これは楽勝」と思っていましたが、なかなか釣れませんでした。

 午後は本格的にイワナ狙いをしようと沢に。遡行(そこう)を続けると大きな魚を発見。それは産卵の魚で一対のカップルの周りに多分オスであろうイワナが何匹かついていました。大きさは軽く30センチを超えています。

 しばらくその場で粘り、私たちの気配になれさせた後、交代で私がニンフを流してみると、その後ろにいたやや小型のイワナがヒットしました。その魚を驚かさないように下流に誘導してランディングしてみると25センチぐらいかなと思っていのですが、なんと32センチもありました。

 中村さんに交代し、フライを変えながら流していると、中心となるメスがフライをくわえましたが、すぐにバレてしまいました。

 驚いたメスは逃げ、オスもついていってしまいましたが、10分ほどすると戻ってきました。オスも戻ってきました。そしてさらに別のオスも来ました。そのオス目掛けて黒い#8のニンフを流すと「パク」と音が聞こえるかのように大きな口を開けて食いつくのが見えました。

 そして見事フィッシュオン。魚はその瀬の中を所狭しと暴れましたが、中村さんのロッドワークでおとなしくなりました。しかしそこからが問題。自分ですくおうとしても3番ロッドが曲がりすぎ、ネットまで魚が来ません。仕方なく、私が前へ出てすくおうとしましたが、大きすぎて渓流用ネットにはなかなか入ってくれませんでした。バレたらどうしようかとドキドキしましたが頭から半分入れて、胴体を押さえ取り込み成功。これは大きい。しかも放流して間もないイワナではなく、この川で野生化したイワナであることはピンと張った尾ビレを見ても明白です。

 測ってみると45センチありました。(東京海洋大学客員教授)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る