家族でわいわい、真夏の釣りンピック! 密避けて楽しい思い出作り 神戸市・平磯海づり公園

[ 2021年8月18日 05:30 ]

4歳の航希くんに釣りの楽しさを分かってもらおうと必死のお父さん
Photo By 提供写真

 コロナ禍真っただ中での夏休み。猛暑もあり、帰省や旅行もままならず、家の中でテレビやゲームも飽き飽き。そこで今、にわかに人気が高くなっているのが釣り。屋外で密も避けられるとあってファミリー層で盛り上がっている。経験がなくても手軽に家族で楽しめる兵庫・武庫川の一文字の波止や神戸市の海づり公園でのんびりと親子で1日糸をたらし過ごすのもいいかも。(スポニチAPC・野長 一則)

 訪れた神戸市立平磯海づり公園は、東西1・4キロと広大な釣り座になっており、目の前に明石大橋が望め、のんびりと魚釣りが楽しめる。この日は立秋(8月7日)、天候は曇り時々晴れで海からの涼しい風が心地よく、前日までの猛暑がうそのようだ。

 午前8時、早速つり場を歩いてみると9割以上が家族連れでにぎわっていた。中央付近では、西宮市から来た柿本敦さん兄弟の2家族8人が陣取っていた。「家にいてもプールで遊ばせるぐらいしかありませんから、釣りもいいかな」とお父さんの敦さん。4歳の航希くんは「ぼくもサバを釣ったよ」とうれしそうに話してくれた。

 奈良県香芝市からはるばるやってきた田中さん一家も「今年はじめての魚釣りだけど、ここは広くて足場もよくて、なんでもそろっているからいいですね」とお気に入りの様子。

 隣で釣っていた北西健留くんが「釣れた!2匹いてる」と歓声をあげているので見ると、ガシラとスズメダイをダブルで仕留め鼻高々。

 手軽にアジやサバ、ガシラにスズメダイなどがサビキ仕掛けで釣れるが、ルアーやノマセや飛ばしウキの仕掛けでマダイやハマチの大物狙いの常連さんにも人気がある。この日も、神戸市の大希昌平さんがシラサエビのエサで34センチのマダイをゲットしていた。

 8月は、4時間釣り無料券などがもらえる「親子釣り大会」や「子供釣り大会」などが開催されている。一発、金メダル級が釣れるかも。

 基本料金(4時間)大人1000円、小人600円。割増料(1時間)大人250円、小人100円。貸し竿はサビキ仕掛け、エサ付き1500円。問い合わせ「平磯海づり公園」(電)078(753)3973。

 ◆アクセス 山陽電車・東垂水駅から南へ徒歩3分、JR神戸線・垂水駅から東へ徒歩12分。車は阪神高速若宮ICより西へ10分。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る