春間近!マガレイ40センチ ホッケも大当たり!~積丹半島西海岸~

[ 2021年3月25日 22:45 ]

良型マガレイとクロガシラを手に筆者
Photo By スポニチ

 【爆釣タックルほっかいどう】現在、マガレイを中心としたカレイ類が好調な積丹半島西海岸へ向かってみた。

 18日午後2時。現地は西風が強く波も高めのため、予定していた泊村兜千畳敷の岩場は諦め、岩内町岩内港内の旧フェリーターミナルへ。平日ではあるが30人を超える釣り人でにぎわっており、カレイ類やホッケが釣れているようだ。私もホッケとカレイの両方が狙える12号針ネット仕掛けに塩イソメとエビ、コマセは中国産アミで開始する。1投目から当たりがあり32センチのクロガシラと幸先良いスタートだ。その後もホッケやマガレイなどが退屈しない程度に続き、夕方までに計10匹ほどとなった。

 夜間は仮眠し早朝から再開。風は収まり好コンディションの中、ローペースながらカレイ類やホッケが当たりだす。35センチクロガシラ、39センチカワガレイ、40センチマガレイと型物も交じり面白い。昼前まで粘りカレイ類はスナガレイ、アサバガレイも含め計14匹。ホッケは40センチ以下11匹となった。

 港内にしては上々の内容で、やはり今季のカレイ類は絶好調のよう。好調を維持しているホッケと合わせて、今後さらに良化すると思われる。これから迎える春本番に向けてかなり楽しみな同海岸だ。(札幌市・佐藤 貢)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る