タチウオ大会&アマダイ大会パワーアップ 「秋の陣」「冬の陣」2大会に拡大!!

[ 2021年2月3日 07:05 ]

昨年のタチウオ大会優勝魚は139センチ
Photo By スポニチ

 スポーツニッポン新聞社と東日本釣宿連合会は、2021年開催の釣り大会を別表の通り開催することを決めた。今年は東京湾のタチウオ大会を餌&ルアーの部とテンヤの部に分けて開催。またアマダイも2大会に拡大。奮ってご参加ください。

 収束の兆しが見えない新型コロナウイルスの感染拡大だが、4月下旬以降、もろもろの状況を見ながら大会の開催を目指す。

 ◎バリバスカップ・マルキユーカップ

 「バリバス」ブランドのモーリスが特別協賛の大会は8大会。4月24日の「芦ノ湖トラウト大会」が初戦。5月5日の「東京湾マゴチ釣り大会」に続いて、8月24日は18歳以下の中・高校生が参加する「U―18選手権」。チーム戦で東京湾のマアジを狙う。

 昨年は低調だった相模湾のキハダは今夏に期待。魚が餌に反応するようになる8月29日に開催する。

 タチウオ大会は9月11日にマルキユー主催で「テンヤの部」として1大会、翌12日に餌・ルアーの部でバリバスカップを開催する。 昨年、130センチ超の大物が優勝魚となった。今季も期待できそう。

 10月3日は静岡県・西伊豆でSUP釣り大会を開催。スタンド・アップ・パドルボードに乗って根魚などを狙う。

 アマダイ大会は11月14日が平塚・庄三郎丸で「秋の陣」。スポニチカップとして12月12日に茅ケ崎・沖右衛門丸で「冬の陣」を行う。1匹の全長勝負。連覇を目指す猛者がいるかも!?

 12月5日には「年間王者決定戦」を予定。詳細は追って発表する。

 ◎スポニチカップ

 「アマダイ大会冬の陣」とともに、10月11日は千葉県飯岡・隆正丸でヒラメ大会を開催する。太平洋の海面を割って釣れる大物に期待!

 ○…大会の詳細、参加方法はスポニチ釣り面の「社告」、サイト「スポニチプラス」(「スポニチプラス」「釣り」で検索)、開催店のサイトなどで告知する。

 ◯…コロナ下で行われた昨年の大会は、開催店での受け付け時に密を避けるため参加者はネットで事前登録、スタッフ含めて全員検温、手指の消毒などの感染防止対策を取って開催した。今年もそれらを踏襲する。感染状況を見ながら中止、延期の判断をする。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る