サワラにハマチ、ビッグフィッシュ連発だ~三重県鳥羽沖~

[ 2020年11月18日 05:30 ]

脂の乗ったビッグサイズのハマチ、釣ったど~!
Photo By 提供写真

 秋も深まり、三重県の鳥羽沖ではジギングでの青物狙いが熱い状況を迎えている。青物の数釣りに加え、1メートルを超す大型のサワラも混じるとあって、アドレナリン全開のビッグファイトの期待が十分。今回はそんな大型魚との出会いを求めて鳥羽市から海に出た。(魚魚クラブ・橋本 広基)

 ポイントまでは10分程度。水深30~50メートル前後の湾内には大型魚のエサとなるイワシやサッパが大量に入っているとあって、朝一から魚群探知機には好反応が映し出される。

 早速、「良い反応出てますよ~」という、船長の景気の良いアナウンスからメタルジグを海中へと投入した。すると、幸先よく乗船者の方に50センチ級のハマチが朝イチからヒット。それを目の当たりにし、まだ眠気の残っていた当方の活性も急上昇し、誘いのアクションにもより力が入る。

 ジグの着底後、一気に10回転ほど巻き上げ、その後は食わせの間を意識する。魚にジグを追わせてヒットさせる作戦だ。ロッドがガツンッと一気に抑え込まれた。ゴンッ!ゴンッ!と激しくロッドは叩かれ、ジィーーッと力強いダッシュでリールは逆回転する。浅瀬で掛けた魚は元気だ。

 そんなトルクフルな引き味楽しませてくれ、上がってきたのは70センチ級の大ハマチ。いきなりの大本命に自然と笑みがこぼれる。次は釣友にさらなるビッグフィッシュがヒット。猛烈な横走りでロッドが海面に吸い込まれる勢いで曲がっている。

 何とキャッチしたのは1メートル級の〝モンスター〟サワラ。このサイズになると脂がしっかり乗っており、食べると超美味。県内では〝トロサワラ〟と呼ばれるブランド魚なのだ。その後も釣友と次々にロッドを曲げ、正午に納竿。船中5人で16匹、しかも良型ハマチに加え、サワラも3匹混じり、大満足の釣行となった。

 今後はさらなるモンスターが期待できる、例年、冬の鳥羽沖では10キロサイズのブリが回遊を始める。冬は熱いオフショアジギングでホットに過ごしてみてはいかがだろう。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る