夏枯れもHOT!クロソイ35センチ~えりも漁港~

[ 2020年9月10日 05:30 ]

35センチのクロソイをゲットした佐伯さん
Photo By スポニチ

 【爆釣タックルほっかいどう】9月に入っても暑い日が続き、沿岸の海水温も高めでいわゆる「夏枯れ」の状態。

 この状況を踏まえて少しでも海水温の低い場所を考慮し、日高のえりも町へ向った。台風10号の影響によるウネリが入り厳しい条件となり、漁港付近中心に狙ってみた。

 仲間の佐伯さんが先発隊で5日深夜0時からえりも漁港で開始した。防波堤先端付近でソイ狙いだ。35センチのクロソイを狙い通りゲットしたが、後が続かず苦戦。私は6日午前3時開始。波が落ち着いていた様似町旭漁港右手の平磯でカジカを探ってみた。しかし、底荒れがひどくゴミとの格闘が続き、アカハラの散発のみで大苦戦。夜明け後にタカノハ狙いに切り替えるも当たりはなく経過した。

 午前10時、えりも町笛舞漁港岸壁で佐伯さんと合流し、クロガレイに最後の望みを託した。動きがあったのは、満潮に向かい潮が動き出した午後2時すぎ。生イソメに28~40センチのクロガレイが3連発!しかし、その後当たりは続かず午後3時に終了した。

 ウネリと夏枯れ感が半端ない状況で苦労したが、魚は全くいないわけではない。今は様子見の我慢の時だが、シケ後に急展開することもある。今後も粘り強く釣行する予定だ。(札幌市・佐藤 貢)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る