夜に2~3キロ級ワラワラ イナワララッシュ 11月ごろには10キロ超えブリも狙える

[ 2020年9月9日 07:11 ]

良型のイナワラに大満足の清水和幸さん(右)、麻衣さん親子          
Photo By スポニチ

 【釣り新鮮便】新潟県上越~直江津方面で“イナワラ”が活発だ。近年、2~3キロのイナダ、ワラサ級こう呼ぶようになった。中には7キロ級のブリまで飛び出すのだから、青物&大物ファンには見逃せない。しかも夜釣りで日焼けの心配もなし。魅力満点のターゲットを狙いに早速足を運んだ。(後藤 賢治)

 乗船したのは大物夜釣りファンが多い、上越市・いとう釣具店と提携する第2八坂丸。午後11時出船、釣り場は港から航程30分の有間川沖の水深70メートル。ポイントが決まりアンカーが入ると、竹内敏幸船長の「どうぞ」の合図で仕掛けを投入する。

 胴突5本バリで幹糸はVARIVAS「大物ハリス」30号、ハリスは同26号、オモリ300号と大物を仕留めるための超ごつい仕様。竿は3~4メートルで20~30ポンド以上、長めで取り込みは少し大変だが、その分クッションになりバラしにくい。餌はイカの短冊(長さ15センチ前後)か小型イカの1匹掛け(エンペラにチョン掛け)で狙う。

 着底して0・5~1メートル巻き上げて待っていると、右舷ミヨシ3番目にいた須坂市の平井芳郎さん(58=会社員)の竿に当たりがあり2キロがヒットしたものの、このあと二枚潮で苦戦。底潮もたるみ3時間も音沙汰なし。竿を手持ちに変え、誘い始めるといきなり筆者にクンクンと当たり。上げてくると2・5キロ。上田市の吹田隆さん(44=会社員)にも当たりがあり2キロ級を取り込んだ。

 岡谷市の清水和幸さん(51=会社員)と、娘の麻衣さん(22=学生)の竿にガンガン当たりがきた。巻き上げてみると5本バリに2キロ級2匹、1キロ超1匹がズラズラ。麻衣さんは慣れた様子でタモを持ち、丁寧に3匹をすくい上げた。これが合図となり、納竿までの約1時間、船内のあちこちでイナワラのラッシュとなった。

 麻衣さんは釣り客の魚を笑顔でタモですくってくれるスーパーサポート役もこなす。その姿に感激してしまった。

 紅葉の11月ごろには10キロオーバーのブリも釣れる。しばらくの間、有間川沖から目が離せない!!

 イナワラをおいしく食べたい!釣果を持ち込んだ埼玉県入間市の「のと寿司」大将・加藤茂さんのお薦めはナメロウ。2キロサイズを三枚におろすと「脂がのっていておいしそうだね」との一言に仲間達も期待大。

 ショウガ、大葉、白みそ、ワケギ、白ごまを適量合わせ、包丁で叩いて細かくする。最後は木のしゃもじで練り上げて完成。白みそは気持ち少なめがいい。品のある高級感が何ともいえない。ほかにアラ煮、刺し身も最高だった。

 ▼釣況 上信越地区東日本釣宿連合会所属、上越市・いとう釣具店=(電)電話025(544)1173。出船は午後5時と同11時。乗合料金は9000円。他にも直江津・えびすや=(電)同(543)8316、名立・龍宮丸=(電)(537)2310=からも出船中。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る