夏の夜釣りで胴長24センチ!マイカ絶好調~西積丹・兜千畳敷の磯~

[ 2020年8月13日 07:00 ]

最後にヒットした型物のマイカ
Photo By スポニチ

 【爆釣タックルほっかいどう】夏の夜釣りで楽しめるマイカ釣り。春シーズンのマメイカ、ヤリイカが全くの不漁だったのを取り返すかのように、小樽港南防波堤では先月の中旬すぎからマイカの好漁が続いている。平日でも夕方からはかなりの混雑と聞いていた小樽をパスして、西積丹に位置する兜千畳敷の磯に向かった。月夜は不漁とされるイカ狙いだが、当日は曇天、小雨。最後は月が出て終了となったが型物のマイカの引きを堪能した。

 5日夜、霧雨の中の午後9時すぎ現地着。平日でも混み合うこともある千畳敷だが、当日は全くの無人での貸し切り状態。予報に反して北寄りの風が吹いておりウネリも少しあるので、先端部左側の波が静かな場所で開始した。餌巻きのスッテを使うウキ釣りと、エギを使う釣り方があるが、選んだのは餌巻きのエギを使ったエギング。まずは浮力が多めの3・5号のエギに塩漬けにした鳥のササミを巻き付けて一投目。ゆっくりと間を取って沈めてからしゃくりを繰り返すが、しばらく当たりもなく時間が過ぎていく。

 少しずつ沈下度合いを少なくしてみると、ほどなく中層あたりでズシッとイカの重みが手元に伝わった。ばれないようにゆっくりとリーリングして取り込んだのは胴長20センチ超えのマイカ。棚が分かったところで小型交じりで散発ながら当たりを拾って小一時間ほどで5匹の釣果。その後ピタリと当たりが止まり苦戦となったが、重めのエギで底を引いてみたところで当日最大胴長24センチマイカがヒット。しかし、その直後に月の切れ目から満月が顔を出して当たりが止まり、6匹釣果で納竿とした。

 次第に大型の比率が多くなるはずのマイカ釣り。大型の引きを味わいに再挑戦したい。(スポニチAPC・永井 良春) 

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る