サバいきなり5匹掛かり、狙い変更が奏功~日高海岸~

[ 2020年8月6日 05:30 ]

35センチの良型サバはジグに食いついた
Photo By スポニチ

 【爆釣タックルほっかいどう】8月に入り夏枯れ感が漂い始める時期となってきたが、タカノハ狙いで仲間の佐伯さんと日高海岸へ向かった。

 2日早朝から開始。風弱く曇り空、多少波の好条件の中、佐伯さんは浦河町幌別へ、私は新ひだか町鳧舞(けりまい)へと、状況確認のため場所を分けた。フカセ針17号のタカノハ用ネット仕掛けにエサはソーダガツオとエビ、コマセは赤アミ。幸先良く1投目からタカノハの当たりが来て、30センチのリリースサイズではあったが好調スタート。しかし、後が続かない。佐伯さんが入った幌別海岸は当たりすらなく、午前7時から浦河港でクロガシラ狙いに変更したが、こちらも不発とかなり厳しそうだ。

 私も昼過ぎまで粘るもタカノハの反応なく鳧舞漁港へ移動すると、港内で先客が好調にサバを釣っているのを発見!さっそく私もサバ狙いに変更し、針9号サビキにオモリ代わりの30グラムのジグを付け開始した。いきなり5匹掛かりの爆釣モードで、20~25センチが主体だがたまに来る30~35センチの良型はジグに食い付いてくる。15センチ級のチカも交じり1時間で80匹を超え終了した。

 やはり夏枯れなのか本命タカノハはキープなく残念ではあったが、久しぶりにサビキ釣りを楽しんだ。サバは良型の数が減ってはきているが、好調が続いているとのこと。今後もしばらく期待できそうだ。(札幌市・佐藤 貢)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る