美人インスタグラマーがイカメタルゲームに挑戦~和歌山・代々丸~

[ 2020年7月8日 05:30 ]

ダブルでかかったアカイカに嬉しさも倍増の谷口美優ちゃん
Photo By 提供写真

 時にストイック、大胆、そしてマイペースに楽しみながら、洋上を明るく照らす釣りガールたち…。今回はそんな中から、美人インスタグラマーの谷口美優ちゃんがスポニチ紙面に初登場。和歌山県白浜町の富田浦袋港から出船する「代々丸」に乗り込み、旬のアカイカ釣りのルポを送ってくれたぞ。

 読者の皆様、はじめまして。普段は海のオフショアゲームを中心に、ルアー釣りからエサ釣りまでさまざまな釣りに挑戦しています。釣り歴1年3カ月とまだまだ経験は浅いですが今回、スポニチさんから光栄にも声をかけていただいたので、ルポを精いっぱいお届けしたいと思います。

 足を運んだ代々丸さんは私の大のお気に入りで、今回の目的はイカメタルゲーム。船の出る富田浦袋港は、大阪方面からだと阪和自動車道を和歌山方面へ向かい、南紀白浜ICを下りてすぐ。アクセスしやすいのも魅力のひとつです。

 天気は晴れ。よかった~。時刻は午後6時、日も傾き始め夕日のきれいな光が浮かぶ海へアカイカを求めていざ出船!何とこの日は平日にもかかわらず満員御礼。イカメタルゲームの人気を物語っていました。

 船は快調にポイントを目指します。最初のポイントまでは約10分。着いたら、水深40メートルからスタートです。ワクワクドキドキ…胸を躍らせながら1投目、15号のオモリの上にエギを付けた仕掛けを投入しました。船中では開始早々からイカの放つ水鉄砲が飛び交い、にぎわい始めます。

 まだ明るい時間帯はボトム付近を攻めていきます。ベタ底でかすかな当たりを感じ、1匹目をキャッチ。日が沈んで辺りが暗くなると集魚灯が点灯します。船の周囲では小魚やイカがスイスイ泳ぐ姿が海面付近で見えて、とても幻想的。まるで大自然の中にある水族館を見ているようです。

 集魚灯が点灯してからは、いろいろなタナを探っていきます。どのタナにいるか分からないので、当たりがあったところ周辺と共有し合うことが釣果アップにつながるんですよね。

 ワンピッチジャークやテンションフォールで誘っていくと、コツンと小さな当たりやクッと引き込まれるようなアタリを感じられます。この通称〝イカパンチ〟が、何よりもイカメタルゲームの魅力かつ心躍る瞬間なんです。

 後半は潮の流れが厳しく、だんだんとアタリが遠のき、船中でもキャッチはポツポツ。入れ食いとはいかず、ここで残念ながら沖揚がり時間を迎えました。

 とはいえ、まだシーズンが始まったばかりのイカメタルゲーム、今後に期待です。この日のサオ頭の方は30匹。同じ数を目指していた私は目標に届かず24匹でした。ちょっぴり悔しい~。

 それでも、釣って楽しい、食べておいしい白浜のアカイカ!コツさえつかめば釣果を伸ばすことが出来るので老若男女、さまざまな人に楽しんでいただけるはず。何もかも忘れて没頭できる大人の夜遊びイカメタルゲームで、皆さんも夏の思い出作りをしませんか?(谷口 美優)

 ◆代々丸 和歌山県西牟婁郡白浜町才野754の3。電話090(3168)1739。

 ◇谷口美優(たにぐち・みゆう)大阪府在住。週2~3回各地に釣行し、インスタグラム「@angler_333」に釣果を掲載。色々な釣りに挑んでいて、マルチアングラーが目標。







続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る