良型カワハギWヒット~兵庫県南あわじ市・伊毘漁港~

[ 2020年6月17日 05:30 ]

カワハギをダブルでゲットし思わずニンマリ
Photo By 提供写真

 まぶしい新緑、雑音のないのんびりとしたムード。加えて、食べてうまいカワハギやベラの釣果が大いに期待できる穴場といえば、淡路島の西淡にある兵庫県あわじ市の伊毘(いび)漁港だ。早朝は潮が動かず外道ばかりで苦戦を強いられたが、待望の潮が走ると活性も高くなり、アタリが連発。24センチを筆頭にカワハギ8匹、良型ベラも8匹が釣れて釣趣、食味ともに大満足の釣行となった。(スポニチAPC・松尾 幸浩)

  釣行は2日。阪神間からなら神戸淡路鳴門自動車道で明石海峡大橋を渡り、淡路島南ICで下りて丸山方面に右折したらすぐだ。現地到着は午前6時過ぎ。カワハギに抜群の実績がある北側の旧漁港波止の先端部に入る。

 この日は風もなく、初夏にふさわしい最高の天気で、目の前には渦潮で有名な鳴門海峡の大鳴門橋が見え、ロケーションも最高。ここは混雑を気にすることなく、のんびりとサオが振れるのでストレスの発散にも好都合な穴場と言える。

 早速、タックルを準備し、青イソメをカワハギバリ7号に刺して、沖にある沖の島との水道部を狙ってキャスト。小さなアタリを捕らえ、広範囲を探るためにサオ1本でサビク作戦だ。早朝時点では潮が止まっているので本命の活性は低く、釣れるのはイソベラにガッチョ、嫌なヒメオコゼばかりと散々で、しばらくは期待薄だ。

 ただ、伊毘漁港は良型が揃う好エリアで、これから夏場が絶好のシーズン。ポイントとなる水道部は水深もある砂底で、シモリ(岩漁)が点在していかにも釣れそうな雰囲気がある。

 過去にはマダイやチヌの大物もヒットしており、これからなら夜釣りも人気がある実績場。ただし、右側一帯の磯場には注意が必要。根掛かりが激しく、また観潮船が出入りするので、ラインを掛けられないように特に気をつけねばならない。

 待望の潮が走り出したのが午前9時ごろ。「チャンス到来」と、青イソメをたっぷり刺し、キャストすると、「待ってましたよー」と、コンコンとサオ先を叩くアタリがでた。

 カワハギは魚体に似合わず、小さなオチョボ口でうまくエサをかすめ取る。なので、小さなアタリでもバシッと空合わせし、様子をうかがうのが数釣りのコツだ。1発目はうまく乗って20センチ級が顔を出した。このサイズなら納得と口元が緩む。

 活性が上がると、順調にアタリが見られだす。10時ごろにはコンコン、グィーッとサオ先を引き込む大アタリがあり、グイグイと締め込む好ファイトを楽しみながら浮かせると24センチと18センチのダブル。思わずニッコリだ。

 潮が速くなり、磯際まで流れると、23センチもある良型の青ベラも混じるようになってウハウハ状態に。カワハギ釣りはアタリが出れば掛け合わすゲーム性の高い釣趣があり、コツさえつかめば手軽に数が釣れ、真剣になる人が多いのも魅力だ。

 しばらくはアタリも続いたが、潮が緩んで来るとイソベラが多くなる。11時を過ぎると今度は猛烈な暑さになって、潮も止まってアタリもなくなったので早めに納竿した。

 帰宅後はお楽しみの調理。肝は期待外れだったが、甘味のある白身の造りが絶品で、煮付けも最高だった。ベラの塩焼きもあり、冷えたビールで至福のひとときを過ごせた。

 今後は天候が安定すれば活性はさらに高くなる。そうなればより一層楽しめ、大釣りの期待も高まってくる。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る