超特大!50センチ花見ガレイで春満喫~兵庫・淡路島 仮谷漁港~

[ 2020年4月22日 05:30 ]

特大!巨大!!50センチもあるイシガレイがヒット
Photo By 提供写真

 桜の季節には、投げ釣りで〝花見ガレイ〟が盛期を迎える。大物が狙えると評判の兵庫県・淡路島の仮屋漁港へ今月上旬に釣行し、何と50センチもある特大イシガレイをゲット。あまりのド迫力に、ヒットした瞬間、足が震えるレベルで、今シーズン最高のスタートとなった。(神戸投翔会・松尾 幸浩)

 ここは島の北東側に位置する大きな漁港。潮通しは抜群で魚影は濃く、釣り場も広大で年中、釣果に恵まれ、特に3~4月の花見ガレイと秋の乗っ込みカレイには定評がある。30~40センチの大型が釣れることで人気だ。

 現地到着が午前5時過ぎ。明るくなってきたので荷物を担いで大波止の白灯台先端部に急ぐと、幸いにもガラ空きでひと安心。春の狙い目は基本的に潮通しの良い場所を選ぶのが目安で、波止の先端周りがベストだ。

 ポイントの水深は約5メートルと浅いが、底はシモリ混じりの砂地が広がり、いかにも大物が潜んでいそうな雰囲気。まずは青ムシを房掛けにし、投げ釣りのセオリー通りに広範囲に「遠・中・近」に投げ分けて、置きザオにしてアタリを待つ。

 天気は良いが北風が強く、思った以上に寒い。これでは反応がどうかと思いつつサオ先を見ると、コンコンと小さなアタリが続く。上がってきたのはエサ取りのクサフグばかり。潮が止まっていては仕方がない。〝カレイは潮を釣れ〟と言われるように潮の動きに敏感で、潮の動き始めにエサを追って口を使う魚。この日の満潮は8時ごろなので、引き潮が動き出す9時前後がチャンスと読んだ。

 思った通りの時間帯に潮が走り出す。サオ先を注視していると、ガタガタと揺れ、45センチのスズキがまずはヒット。本命ではないが、いい土産ができた。次は本命らしいアタリ。グイグイと締め込む心地よいファイトで、上がってきたのは41センチもあるイシガレイ。思わず口元が緩んだが、その次が凄かった。

 サオ先がグイーッと一気に海面へ突き刺さる強烈なアタリ。合わせるとズシッときた。根掛かりのように一度は感じられたが、サオを満月にしてゆっくりと動き出したので魚だと確信。途中の締め込みはカレイ独特のものだが、パワーがとんでもないレベルだ。

 心中は「相当な大物」とドキドキ、ハラハラ。足元に来ても一段と強く、底へと走って行く。こちらは防戦一方だが、何とか主導権を握って慎重に浮かすと、余りのド迫力に足が震えるレベルの巨大イシガレイ。早速、メジャーを当てる。50センチもある〝ビッグワン〟に「この場所にこんな大物がいたとは」と海の女神に感謝し、思わずガッツポーズが出た。その後は猛烈な北風に負けて10時過ぎに納竿となったが、達成感と満足感がまるで桜吹雪のように心中で舞っていた。

 今後はマコガレイが主体だが、イシガレイの大型もこれからが本番。40センチ級の〝デカバン〟は例年、5月中旬ごろまで狙える。

 <仮屋漁港へのアクセス>神戸淡路鳴門自動車道の東浦ICで下り、国道28号線を南下。約10分で仮屋漁協の看板で左折したら現地。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る