2時間弱でマアジ20匹

[ 2020年3月20日 07:20 ]

30センチの大型が釣れたでー
Photo By スポニチ

 【ハッピーフィッシング】東京湾のマアジが釣れている。シマノの釣りガール、阪本智子が訪れたのは横浜新山下・渡辺釣船店。平日なのに2隻出しの人気ぶりにびっくり。

 港を午前7時に出船してポイントまでは20分ほど。水深16メートル。タナは底から2メートル。水が澄んでいるから餌の青イソメは短くてOK。1~2センチで付けたよ。

 この日は家族連れや貸し竿の方が多かったなぁ。この釣りはコマセを常にまき続けてアジを船の下にとどめておくことが肝心。お姉ちゃん、コマセ係頑張るで!

 仕掛けが底に着いたら糸フケを取って1メートル巻いたところでコマセを振る。さらに1メートル巻いてまたコマセを振ってて、底から2メートル上げたところで待つ。初めはアジを寄せるために手返し良く仕掛けを入れ替えるで!

 しばらくやってるとチッという小さな当たりが。優しく聞き合わせると掛かった。アジは口切れしやすいから大切に巻き上げる。上がってきたのは20センチほどの可愛らしいアジ。このサイズやと南蛮漬けか、半身ごとぜいたくに刺し身にするか。

 アジ釣りは釣れるたびについつい食べることを考えてしまうね。

 当たりが少ないからポイントを移動。水深19メートル。コマセの振り方、待つタナは同じ。船長から「ここはでかいのが釣れるからね」と言われて期待してタナで待ってると、ブルブルッと強い当たりが。さらに引きも良い。上がってきたのは25センチの良型アジ!このポイントではこのサイズばかり釣れたよ♪

 1時間弱でツ抜け。ここからテンポを上げるために工夫していくで!

 1匹、1匹を大切に釣り上げてると9時前には20匹を達成!いったんアジをきれいに血抜きしてクーラーボックスに。

 9時半を過ぎると当たりがなくなる。コマセは初めの振り方に。アジを探していろいろなポイントを探ってくれたけど、泳ぎ回って船の下にとどまらずなかなか釣れへん。あっという間に残り時間30分に。

 最後は良型の出る水深23メートルのポイント。これは当たりは少ないけど、当たればでかい。ブルブルッと餌をひったくるような当たり。優しく合わせを入れて巻き始めると「うおー、引きが強い!楽しいー♪」。でも、こんなに引くと口切れが心配。はらはらしながら巻き上げてると案の定。プチッ。「バレたー!」

 そのあともバラし続けて痛恨の3バラシ。1匹でも良いからなんとしても釣りたい!

 水深がよく変わるポイントやから手返し良く仕掛けを入れ替えて狙ったで。しばらく繰り返しているとアジが食った。少し待って食い込ませてからゆっくり聞き上げて、しっかり掛けてから巻き上げる。ジッジッとドラグ音。緊張しながら巻き上げ、最後はタモですくって見事キャーッチ!30センチの良型アジをゲットー!体高があっていかにもおいしそうなきれいなアジ。ラスト1投でなんとか釣れて良かった!

 この日の釣果は24匹。後半の厳しさが伝わるやろ?でも存分にアジの引きを楽しめて大満足の釣行になったで。

 ▼釣況 横浜新山下・渡辺釣船店=(電)045(622)8381。乗合は午前7時と午後0時半出船。料金は6000円。1日通しは9000円。女性、中学生までは半額。

 ◆阪本 智子(さかもと・ともこ)1988年生まれ、大阪出身。タレント、シマノ釣りガール。現在、BS―TBS「釣り百景」をはじめ、新聞、雑誌など釣り媒体にレギュラーを持つ。関西圏で放送中の朝の情報番組「おはよう朝日です」に出演中。オフィシャルブログは「Tomoko’s life」。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る