HOT!秋のタイ漁祭 8隻に分乗 161人熱戦 平塚沖アマダイ釣り大会

[ 2019年10月31日 07:21 ]

開始10分後、船中1号を仕留めた中村さん 
Photo By スポニチ

 バリバスカップ2019スポニチ「平塚沖アマダイ釣り大会」が27日、神奈川県・平塚沖を舞台に開催された。平塚・庄三郎丸をベースに8隻に分乗した、参加者161人の熱戦の様子をお届けします。(久世 明子)

 【「ポケっと」奏功】船中第1号が水面を割ったのは、投入10分後。110メートルダチで左舷胴の間、町田市・中村淳さん(55=会社員)が上げた36センチ。アマダイの自己記録は52センチとか。次男の淳さんを含め男3兄弟は小学生の時から無類の釣り好き。誰が上手?には「全員が自分だと言う」そうだ。釣り方は「一生懸命やると釣れない。ボケッとしていること」と、コツを披露。これが功を奏して、納竿間際に2匹目を追加。4人の仲間内で頭となった。(18号船)

 【入賞無念も竿頭】入賞には届かなかったが、38・4センチを筆頭に計8匹を釣り上げ22号船の竿頭となったのが川崎市の桝見道人さん(67=会社員)。仕掛けは自作の1本バリを使用し「タナがきっちり取れるし、手返しもいいからね」。友人に誘われ、10年前に磯釣りから船釣りに転向。最近は「テカニカルな釣りが好き」とニッコリ。(22号船)

 【船別あと一歩も…】 狭山市から駆け付けた田口吉夫さん(64=会社員)は、やっと勝負サイズを掛けた。ところが水面でシイラにハリスを切られて魚は船下に。「絶対浮いてくる」。タモを手に待機。「出たぞー」。船尾からの声に駆け寄り見事キャッチ。35・6センチは僅差で船別を逃したが抽選会で「大好きな餃子(ギョーザ)」のギフト券をゲット。まだツキは残っていた。(23号船)

 【職場で釣り効果】 8号船に乗船したのが鎌倉市役所釣愛好会の11人。創立40年で現在は20~70歳代の約30人が在籍し、年4回は庄三郎丸に乗船し竿を出す。前代表で今回の世話役の進藤勝さん(60=公務員)は「役所内で部員同士が会うと“今度はどこに行く”なんて相談も。部署も多彩で仕事も頼みやすい」と釣り効果を強調していた。(8号船)

 ▼第10代アングラーズアイドル松尾智佳子 狙うは“デカアマ”…思いは空回りし、二枚潮の影響でオマツリを連発し、釣り時間と、仕掛けをほどく時間がほぼ同じくらいのトホホ状態。本命なしのまま残りは1時間に。

 見かねた隣の参加者が、ピンク色のキラキラ系オモリを貸してくれました。これが大当たり。叩くような当たりがあり、ゆっくり巻き合わせをしたらヒット。慎重に巻き上げると35・5センチ!上バリには通称コアラ(小アラ)のおまけ付き。珍しい一荷にうれしいやら、恥ずかしいやら。

 アングラーズアイドルとしてのバリバスカップ参加はこれで終了。各地で釣りができて楽しかったぁ。これからもどこかの釣り場でお目にかかりましょう。






 
    

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る