本命クロダイは1匹でもマダイ!!シーバス!!魚種が豊富で楽しい

[ 2019年8月23日 06:36 ]

マダイを釣り上げた本間さん(左)と70センチの超大型シーバスを釣り上げた谷口さん
Photo By スポニチ

 【純平の磯リポート】山形県遊佐町の吹浦漁港でクロダイを狙った。初めての釣り場では本命のほかにマダイやシーバスが顔を見せた。(スポニチAPC・小林 純平)

 早朝、漁港近くで天童市の谷口健刀さん(36=会社員)と村上市の本間俊樹さん(31=自営業)と合流した。地元の釣具店「フイッシング吹浦」の情報では、西浜海水浴場から延びる堤防も魚は多く居付いているとのことだったが、漁港内も魚種が豊富で見逃せないという。

 港内の水深は4メートル前後と浅いが適度な濁りも入り、潮の流れはほとんどないようだ。雰囲気は悪くない。自然と気合が入る。ベタ底狙いで仕掛けの投入を繰り返すこと30分、ウキに変化はなく付け餌のオキアミは残ってくる。時季的にもマアジが活発なはずなのだが。

 しかし不安は一瞬で消えた。オキアミを食ったやつは、ゆっくりウキを消し込んだ。合わせと同時に良型のクロダイと分かった。浅場だから左右に動き回るが次第に海面に浮かび上がってきた。40センチは軽く超える本命のクロダイであった。だが、後は続かず同行者にも当たりは遠い。

 時間がたつにつれてアジが食い始めたので付け餌をオキアミからマルキユー「食い渋りイエロー」に替えた。すぐに谷口さんが「イエローに替えたら1投目で食ってきたよ~!」と叫んだ。だが、相手の魚は想像以上に大物らしくなかなか姿を見せない。ようやく岸壁近くまで寄せてきたが、強い抵抗で浮かせることができない。とうとう足元から数本下がるロープに突っ込まれてハリス切れとなった。

 遠投ポイントを狙っていた本間さんにはパールピンクも鮮やかなマダイがヒットした。当たりが遠くなってしまった谷口さんだが、スズキの気配を捉え、すぐに磯竿からルアーロッドに替えて数投目にはヒットさせた。70センチを超える大物だった。

 ▼釣況 山形県遊佐町・フイッシング吹浦=(電)0234(77)2257。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る