ドラゴン級タチウオ激アツ 大興奮!!ブルッブルッ強烈引き

[ 2019年8月18日 06:09 ]

タチウオとのやりとりを楽しむ
Photo By スポニチ

 【阪本智子のハッピーフィッシング】東京湾のタチウオが釣れている。シマノの釣りガール、阪本智子が乗り込んだのは八景・鴨下丸。目指すは大型のドラゴンだ。

 午前7時前に船に乗り込み準備にかかる。タチウオ釣りで一番こだわってるのが餌付け!

 まずは餌作り。水の抵抗を受けにくいようにハリに刺す部分のサイドを斜めにカットして三角にする。次に餌にアミノ酸のパウダーをしっかりめに振りかける。料理をしてるみたいで楽しいねん♪もちろん餌付けもめっちゃ大事!始めに餌の端を身から通してすぐに皮に刺して、ケンのところまでもっていってさらに身の方から刺してとめる。餌の中心とハリの軸が真っすぐに付いているかのチェック。そして少し引っぱってみて動かなければOKやで!タチウオは何度もアタックしてくることが多いから、餌がずれたり、外れたりするともったいないからね!

 ポイントは港から航程30分の走水沖。他の船もたくさん集まってたで!水深は60メートル前後。タナは底から10メートルほど。

 オモリが底に着いてから落ち着くのを待って誘い始めるで!誘い幅は30~50センチで、巻きはリール3分の1回転で少しずつ上げてみる。誘った時の穂先の安定と、糸フケが出ないように巻き上げることに気をつけるのがポイントや。5メートルほど上げたところでタチウオのもたれる当たりが!すぐに合わせを入れずに我慢して!食い込みやすいように誘いを細かくして誘い続ける。すると、ぐっぐっぐーっとタチウオが乗った!この強烈な引き込みの瞬間がたまらんねんな♪ブルブルッブルブルッとタチウオらしい引き。上がってきたのは指4本幅サイズ。気温が高いから釣ったらすぐに血抜きして、氷を入れたクーラーボックスに。

 その後も同じ誘いでやり続けて9時ごろツ抜け。10時には20匹。当たりが続くから2本バリにチェンジ。もたれる当たりが出てからしばらく細かい誘いを続けてるとグーッと重みが乗った!巻き上げ途中は重たくなったり軽くなったり。これはやったんちゃうか?期待しながら上げてくると見事一荷や!タチウオの一荷は珍しいからうれしかったな♪

 正午前には30匹達成!後半は、当たりはあるけど食いが浅かったから誘い幅を狭くしたり、しばらく付いてくるだけで食わないことが多かったから、落とし直してフォールで当たりを出したで!

 結果は36匹!98センチの良型も交じったし面白いタチウオ釣りになったなぁ♪

 ◇阪本 智子(さかもと・ともこ)1988年(昭63)生まれ、大阪府出身。タレント、シマノ釣りガール。現在、BS―TBS「釣り百景」をはじめ、新聞、雑誌など釣り媒体にレギュラーを持つ。関西圏で放送中の朝の情報番組「おはよう朝日です」に出演中。オフィシャルブログは「Tomoko’s life」。

 ▼タックル ロッド/ライトゲームCI4+ type82 MH190、リール/フォースマスター600(以上シマノ)。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、八景・鴨下丸=(電)045(781)8410。出船は午前7時20分。納竿は午後1時。乗合料金8000円、女性、中学生以下4000円。要予約。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る