鋭く誘うアジ旋風 引き味抜群!!30センチオーバー連発!!

[ 2019年6月7日 07:17 ]

小倉さんは大型のダブル
Photo By スポニチ

 【真説フィッシュんグ】マアジが各地で釣れている。東京湾口に位置する剣崎沖でも好釣果が続いていて、コマセをまいてタナに合わせれば、ギュンギュンと良型のアジが竿を曲げる。剣崎・大松丸から狙ってきた。(芝 真也)

 沖釣りの中でも、比較的簡単に数釣れることから、初心者からベテランまでと幅広い層に楽しまれているアジ釣り。周年狙うことも可能だが、これからが最盛期。初夏に向かって面白くなってくる。「30センチオーバーの良型アジ主体に釣れています。サイズがいいから引き味抜群。脂も乗っているのでおいしいですよ」とアジ船担当の鈴木茂明船長。

 取材日は19人の釣り人がアジ船に集まり、大型船の大松丸に乗船して午前5時30分に出船。航程20分ほどで、水深60メートル前後の漁礁が沈めてあるポイントへ到着。「始めてください。タナ50メートルです」と船長の合図で釣りスタート。ビシアジ釣りでは海底からタナを取ることが一般的だが、漁礁が入っていることから、底までビシを下ろすと根掛かりしてしまう。そのため海面からのタナ指示が出る。

 仕掛けは、ハリス2号前後×2メートルの2~3本バリ。付け餌にはイカの赤短を使う。130号のアンドンビシにコマセのイワシミンチをフンワリと入れて投入。指示ダナよりハリスの長さ分深く仕掛けを沈めて、コマセをまきつつ指示ダナへ合わせる。アジはミンチの煙幕に突っ込んでくるので、積極的にコマセをまいて群れを足止めすることがポイント。コマセが効き始めると、アジからのシグナルが訪れだした。

 左舷胴の間から竿を出していた新宿区・山田啓二さん(37=会社員)は30センチオーバーの良型を連発してエビス顔。「アジが大きいので、引きが強く楽しいですね。おいしいから、知人に配っても喜ばれます」とにっこり。

 当日は竿を大きく振ってコマセをまくより、小さい振り幅でまいた方が当たりが早いと感じた。1カ所にアジを集めるようなイメージでキュッと鋭くコマセをすると「ククッ!」。当たりが訪れた。

 左舷ミヨシから竿を出し、コンスタントに釣っていたのは藤沢市・小倉義久さん(48=自動車塗装業)。「当たりの多い釣りが好き。タナ下1メートルからコマセをまいてくると、すぐに当たり。楽しいですね」と35センチ級をダブルで釣り上げた。

 ○…ポイント上に止まるように船長は操船してアジを狙う。そのため、仕掛けは潮の影響をまともに受ける。仕掛けを下ろす時は、しっかりとサミングしてブレーキをかけて糸フケを極力少なくすることが大切。オマツリ防止にもなる。

 ○…釣れている時に手返しを良くすることが数釣るポイント。ハリ外しがあると、魚をつかまずにハリを外せるので便利だ。一荷の場合は、上から順番にハリスのヨレを取りながら外していくと、次の投入までの準備がスムーズにいく。釣れている時に効率よく釣ろう。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、剣崎・大松丸=(電)046(886)1244。午前5時30分出船。料金9000円(コマセ、付け餌付き、氷別)。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る