ダブル!トリプル!さ“イサキ”良い 網代南沖遠征五目乗合スタート

[ 2019年4月6日 07:10 ]

萩原さんはお土産も十分に確保
Photo By スポニチ

 【真説フィッシング】イサキをお土産に、シマアジ、マダイ、メジナなど高級魚が狙える。魅力あふれる釣り「網代南沖遠征五目乗合」が網代・ゆたか丸でスタート。早速、釣行してきた。(芝 真也)

 「水温18度。例年に比べて水温が高いので期待できそうですよ」とゆたか丸・森野孝船長。ポイントまでの航程は約2時間半。キャビン内のベットで、ぐっすりと眠っているうちに到着。
 仕掛けは、ハリス4~6号×6メートルの2~3本バリ。ビシは80号。

 朝イチは、シマアジを狙えるポイントから。釣れてくるのは1キロ級が主体だが、10キロオーバーのオオカミ級の実績があり、良型の青物やマダイがヒットしてくることもある。これが楽しみで訪れるお客さんは多い。当日も1時間ほど狙ったのだが…残念ながら、この日は不発。船長の話では「反応はあるのですよ。コマセに慣れて反応するようになれば食いだすと思います」と今後、期待できそうな模様。先の釣果に注目したい。
 大きくポイントを移動して、今度はイサキ狙い「タナは24メートルです。大きく流していくので、こまめに入れ替えてください。船に魚が付けば連チャンしてくると思いますよ」と合図が出て再開。

 コマセはパラパラが基本。一度に大量にまくより、少量にして入れ替えの回数を増やした方が食いが良い。コマセは、ビシに3分目ほどと少なくして投入。指示ダナより8メートルほど余分に沈めてから、タナまでの間に、コマセを全部まき切って合わせる。付け餌の周りにコマセが常に漂っている状態をつくりたいので、待ち時間は短め、1~2分のペースでマメに入れ替えを行った。すると、4投目に「キュキューンッ」と小気味良い当たり!ゆっくりと巻き上げていくと「ギュンギュン」と引きが強くなり、トリプル。船に魚が付いたようで、ここから入れ食いタイムが始まった。 

 右舷ミヨシから竿を出していた 調布市・若菜俊哉さん(30=会社員)は30センチ級のトリプル。「数釣りできることが南沖の魅力。当たりが楽しいです」とダブル、トリプルの連発にニッコリ。 

 左舷トモから竿を出していた熱海市・萩原愛斗さん(27=会社員)も数釣りを楽しみ「イサキは食べておいしい。釣って帰ると家族が喜んでくれるんです」とニコニコ顔。
 イサキの入れ食いは続いていくが、突如として大物が当たってくることもある。当日も、イサキの群れを退かせるような大物反応が出ることもあったので、ドラグ調整は忘れずに。

 ゆたか丸の南沖遠征は始まったばかり、ひと月もすれば、抱卵したイサキが釣れ盛る。また、水温の上昇に伴い、青物や尾長ダイなどの期待も高まる。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、網代・ゆたか丸=(電)0557(67)4288。午前2時集合。乗合料金1万8000円(コマセ、付け餌、氷付き)。予約乗合。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る