ずっしり王者のマダイ!スポニチ大物選手権選考結果発表

[ 2018年12月31日 06:34 ]

6月17日 鹿嶋沖30メートル 香取市・伊藤二郎氏 87センチ 10・7キロ マダイ
Photo By スポニチ

【スポニチ大物選手権】東日本釣宿連合会所属釣り宿を利用して大物を!11月末の締め切りまで多数の大物魚が寄せられた。同連合会役員、スポニチAPC、スタッフらによる選考経過を含めて結果を発表する。

【選考経過】釣魚の“王者”マダイ。近年は10キロ超の超大型の浮上が少ない中、同重量の10・7キロが2匹。清栄丸の伊藤さんは一つテンヤで、常勝丸の高橋さんはコマセ釣りで釣った。グランプリはダブル受賞で仲よく商品券5万円ずつ。

 準グランプリは相模湾で48・6キロのキハダを釣った中村さん。前年に比べ釣果が低調な中、この海で釣れる最大級のキハダを釣ったことを評価した。

 フォトジェニック賞は3点。カンパチ、ヒラメ、アブラボウズともに文句なしの大物。

 6・5キロのマダイを釣った9歳の小学生、高橋君にジュニア賞。魚種別賞は掲載の通り。多数の応募ありがとうございました。(選考委員会)

 ◆グランプリ(商品券5万円相当)

 ◎マダイ10・7キロ

 鹿嶋・清栄丸

 香取市の伊藤二郎さん(6月17日、鹿嶋沖で)

 沼津・常勝丸

 小田原市の高橋義雄さん(10月15日、淡島沖で)

 ◆準グランプリ(同3万円相当)

 ◎キハダ48・6キロ

 平塚・庄三郎丸

 群馬県藤岡市の中村昌孝さん(8月18日、相模湾で)

 ◆フォトジェニック賞(同2万円相当)

 ◎カンパチ31・8キロ

 下田・龍正丸

 大田区の村上裕二さん(6月26日、銭洲で)

 ◎ヒラメ9・5キロ

 名立・龍宮丸

 長野県軽井沢町の高橋秀治さん(5月15日、直江津沖で)

 ◎アブラボウズ82キロ

 平潟・第15隆栄丸

 さいたま市の小松裕さん(7月2日、平潟沖で)

 ◆ジュニア賞(同1万円相当)

 茅ケ崎・沖右衛門丸

 練馬区の高山大樹くん

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る