PR:

珍カギイカで初代深海王者 勝敗の鍵握った「レア度」

表彰式で。左からモーリスの荒井一郎社長、レディース賞の渡邊さん、3位の堀田さん、優勝の大和田さん、3位の四釜さん、ジュニア賞の豊浦君
Photo By スポニチ

 バリバスカップ2018スポニチ「深海魚釣り大会」が13日、神奈川県小網代の丸十丸から出船した3隻で行われ、32人が参加した。釣れた魚の“珍しさ”を競う大会で、カギイカなどを釣って11ポイントを獲得した葛飾区の大和田義行さん(49=会社員)が優勝した。(笠原 然朗)

 昨年、7月11日から10月1日まで東京・上野の国立科学博物館で開催された特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」の入場者数は60万人を突破するなど深海ブームを背景に、世界でもおそらく初めての、深海魚を対象にした釣り大会が行われた。

 丸十丸の3隻が船を向けたのは東京湾海底谷。最深部は700メートルで海底の断崖、絶壁に棲息する“珍魚”がターゲットだ。

 胴突3本バリ、オモリは150号。餌には生きイワシ、サバの切り身などを使う。置き竿で、海底の形状に合わせて小まめに底ダチを取り直しながら釣るのが基本だ。

 キンメ、アカムツなどおなじみの高級魚、シマガツオ、オキギスなどの“レア魚”が釣れ上がる中、水深400メートルでカギイカを掛けたのが大和田さんだった。「ほとんど引きませんでした」というイカは、形状や色はスルメに似ているが、長い触腕に隠し持っている“トゲ”がくせもの。

 大和田さんは「うっかり触ったら、刺されて染みました」と痛い思いをしたものの、この1匹が5ポイントとなり、ギンメダイ、オキギスと合わせて11ポイント。初代の深海チャンプの座を射止めた。

 ジギングが専門で、レンタルタックルで大会に臨んだ。「何が釣れてくるか分からないところが面白いかも」とは大和田さんの深海釣り評だ。

 カギイカについて、大会の審査委員を務めた静岡・沼津港深海水族館元館長で“海の手配師”石垣幸二さん(51、写真)は「深海に棲息するイカでめったにお目にかかることはできない」と話していた。

 ▼APCの目 審査はポイント制でレア度で点数を決めた。キンメダイやムツ類などなじみのある魚はやや低めだが、サメ類となると8点、9点。リュウグウノツカイに至っては最高の10点だったのだが…。強めの南風とウネリで海の条件は最悪。審査会場には15種類の魚やイカが並んだが、高得点のサメ類は皆無。ほとんどの人が10点以下と振るわない中、優勝者はカギイカを加え11点獲得でトップを飾った。釣り場の東京湾海底谷はこの釣りの絶好のエリア。参加者からは「来年もぜひ」の要望が多く聞かれた。(林 悠二)

 ◆大会成績(釣れた魚の合計ポイント。審査対象は各魚種1匹。同ポイントの場合は釣れた魚の全長の合計で上位を決定)

 ▼総合賞 (1)大和田義行(葛飾区)11=丸十丸C号船(2)堀田拓(川口市)9=同B号船(3)四釜良人(江東区)7=同A号船

 ▼船別賞 ◎A号船(1)佐藤富士夫(銚子市)7(2)安居昭成(逗子市)5◎B号船(1)豊浦ムサシ(厚木市)8=ジュニア賞(2)藤本祐輝(品川区)6◎C号船(1)高橋英樹(葛飾区)6(2)谷口拓一(練馬区)6

 ▼女性賞 渡邉圭以子(豊島区)3 =敬称略=

 ▽主催

スポーツニッポン新聞社

東日本釣宿連合会

 ▽特別協賛

モーリス

 ▽協賛

大塚食品、サクラ高級釣竿製造所、サニー商事、シップスマスト、シマノ、ジャルパック、上州屋、大同石油、ダイワ(グローブライド)、タックルベリー、ハイアールジャパンセールス、ハヤブサ、マルキユー、ルミカ

[ 2018年5月16日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月21日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス