フィッシングニュース

マハタ豪快 開始早々ドカン!竿先「ガンガンガン!」

筆者は大型マハタの引きを堪能した
Photo By スポニチ

 【博覧釣記】平昌五輪も今日で閉会。春の便りが聞こえるこの時季、楽しみなのが勝浦沖で釣れるマハタ。昨年の釣行では、ラスト3分にドラマが起きた。今回は、どんなドラマが待っているのか!松部港・信照丸に乗り込んだ。(國友 博文)

 この釣りの竿は、80号のオモリに対応できる感度と食い込みのよい7:3〜6:4調子がオススメ。道糸をPE2号以下にすれば、オモリ50〜60号のライトタックルでスリリングで豪快なやりとりが楽しめる。

 吉野勉船長の目指した先は勝浦沖の40〜60メートルのポイント。魚影が濃く、起伏に富んだ地形のため、根掛かりには注意が必要。「はい55メートルです」とスタートの合図に気合が入る。

 元気いっぱいなマイワシと80号のオモリを投入する。オモリが海底に着底したら、素早く糸フケを取って3メートル巻き上げる。大型マハタの実績が高い信照丸では、指示ダナが3メートル以上と高い。

 「タナが低いと型が小さくて、他の魚が来ます」と船長。すると突然、「ガンガンガン!」と竿先にド派手な当たりだ。竿をがっちり握るが、焦りは禁物と自分に言い聞かせる!心臓の鼓動がバクバク鳴り響く。

 次の強い食い込みを待って、向こう合わせになった竿先を確認する。「よしっ今だ!」。ゆっくり竿を聞き上げた瞬間に、道糸が引きずり出される。

 「デカイぞ!」。開始早々の豪快すぎる引き込みをドラグと体全身で対応する。一気に糸が飛び出して青物を予感したが、何度も見せるトルクのある3段引きに本命を期待する。

 そして吉野達哉船長がタモを構えると、海面には「ボコッ」とマハタだ!「3キロ以上ですね」と達哉船長もニッコリ。

 ドカン!と開始早々の本命登場に船内は盛り上がる。

 トモでは練馬区の熊谷憲章さん(42=会社経営)に奇麗なアヤメカサゴが連発する。

 イワシを使った泳がせ釣りでは、根魚や青物など高級五目釣りも楽しめる。

 潮が止まると苦戦するが、再び熊谷さんに待望のヒット。ショートロッドはギュンギュン絞り込まれて、強烈な引きを懸命に耐える。海面には待ってましたの本命マハタだ!「前当たりがドン!と来て、餌取られたかな?って思いながら少し待ったら一気にギューンと来ました。待ってよかったです」とガッツポーズ。勝浦沖のマハタはこれからが本番だ!

 ◎吉野達哉船長のワンポイントアドバイス

 泳がせ釣りでは、餌のイワシが弱らないように素早くハリを掛けることが大切。優しくイワシをつかんだら、目を隠すと暴れない。そして口の中央部分からハリを入れて口の硬い部分にハリを刺すと外れにくい。柔らかい部分に刺すと外れやすい。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、勝浦松部港・信照丸=(電)0470(73)3483。出船は午前6時。乗合料金1万2000円。午後船あり。

[ 2018年2月25日 07:24 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月25日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス