フィッシングニュース

カワハギ ふわふわ作戦でビギナーも「来たぁ〜」

初カワハギを楽しんだ朝倉さん(左)と御嶽さん
Photo By スポニチ

【永井裕策名人のステップアップ理論】各地でベストシーズンを迎えたカワハギ釣り。大、中型・ワッペンサイズがそろい踏みビギナーでも楽しめる穴場を紹介する。福浦・よしひさ丸は初心者にお勧めだ。(スポニチAPC 永井 裕策)

 よしひさ丸では10月から午後船でカワハギ釣りを出船させた。

 「息子(勝久さん)が船長になってくれたので始めました。今は釣りの勉強をさせています。大・中型が主体に面白いように釣れて楽しめますよ」と高橋稔船長もうれしそう。つい最近では30センチ超も交じった。

 正午集合で集まり次第出船。最初のポイントは真鶴沖の水深40メートル前後。小さな根が多少あるが砂利場であまり根掛かりしない。

 まずは基本的釣り方。叩いて、止めて、たゆませて、聞き合わせしている釣り人にハリ掛かりしたのは23センチの良型。初心者の釣り人もいて、当たりはたくさんあるが、なかなか乗ってこない。

 竿先を上下に動かすふわふわ作戦をアドバイスすると「来たぁ〜」とひときわ大きな声を上げて喜んでいた。

 次のポイントは三ツ石周りの黒崎の鼻沖の水深30〜50メートル前後で、多少の根はあるものの根掛かりは少ないところ。南風が吹いてきて、投入後に当たりはたくさんあるものの船が上下して、仕掛けが魚のいる場所から動いてしまい、その間に餌を取られてしまう。それでもベテランはコンスタトに魚を掛けている。

 左舷胴の間では川崎市の岡田晴道さん(60=会社員)が良型をゲット。「型が良いから引きは面白い。楽しんでいます」

 次のポイントでは湯河原沖の水深35メートル前後で根回りを攻める。風を避けることができる場所なので釣りやすい。だが根掛かりしやすいので、常に底ダチをとり、竿先を上下させるとカワハギも浮いてくるので、底から2〜3メートルの宙釣りで当たりが出ていた。

 右舷胴の間で釣っていたのは湯河原町の御嶽龍次さん(20)と朝倉海地さん(20)。大学の同級生で「カワハギ釣りは初めてですが、掛けた時は感激しました」とハマっていた。

 この日の釣果は、20センチ級が主体に最大が28センチで7〜23匹。良型が多くワッペンサイズは見られなかった。

◎永井の理論

 カワハギほど餌によく反応する魚はいない。そしてカワハギほどハリに掛けるのが難しい魚もいない。釣果の多少にかかわらず、魚から釣り人へのリアクションが最も多い釣りだ。しかも釣り道具は年々進歩して、敏感な当たりが取れて、軽く使いやすくなった。

 カワハギ釣りでは餌のアサリの付け方が釣果にも影響してくる。

 カワハギは餌を口に含んで、吸ったり吐いたりするので、こぢんまり、キモの黒いところにハリ先がいくように付けること。

 根掛かりしないところではカワハギは動くものに反応するので、基本的に叩いて、止めて、たるませて、聞き合わせる釣り方を基準に、竿先を小さくふわふわさせたり、底ダチをコマメに取り直すなど餌を動かしアピールを繰り返すこと。

 また餌取りがいないところ、魚の当たりが遠い時はオモリを底に着けて、道糸を軽く張って当たりを待つ「ゼロテンション」でやる。

 根掛かりするところでは底ダチをこまめに取り直す。カワハギは2〜3メートルは浮いてくるので宙を狙う。

 餌取りが多い時は…1メートルずつ底を切って餌取りがいない宙を狙って、早く食いタナを探し集中して攻める。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、福浦・よしひさ丸=(電)0465(63)3884。正午集合。乗合料金8500円(氷付き)。

[ 2018年11月19日 06:45 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月20日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス