超刊スポニチ

【全国ジャケ食いグルメ図鑑】静岡県伊豆市 旅人も癒やす“町の人気店”

[ 2018年12月21日 12:00 ]

真っ赤なのれんの「大信」
Photo By スポニチ

 人気ドラマ「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之さんが外観だけで店選びをする「全国ジャケ食いグルメ図鑑」。町の中華屋さんと呼ばれる店の特徴は、ジャケ食い的には「真っ赤なのれん」。定番メニューがしっかり網羅され、常連客に支えられた地域密着型。旅先なのにホッとする、そんな“町中華”に出合いました。

 ボクはテーブル席に座って、まずビールと餃子(ギョーザ)を頼んだ。壁のメニューに味がある。麺類は全部漢字で書いてある。ラーメンは「柳麺」だ。サンマーメンがある。カニ玉ソバも面白い。焼きそばには固と軟がある。

 後から書き足されたメニューに「豆板醤(トウバンジャン)のくせ味辛口サンマーメン」と「修善寺味大信風チャンポンめん」がある。店主は研究熱心のようだ。

 「ごはんの部」と「一品料理の部」もなかなか充実している。餃子はぷっくりと太く大きく重量あり、味もしっかりしておいしかった。

 少し迷ってワンタン麺を頼んだ。これがうまかった。油の浮き具合からして食欲をそそる。麺は細いちぢれ麺で、コシがしっかりしている。メンマも歯ごたえある。チャーシューもうまい。海苔(のり)がうれしい。そしてワンタンが麺と対照的にヘロヘロして、口に楽しい。ワンタン麺にして大正解。

 そして食べているうちに、どんどん客が入ってきた。観光客っぽい人は一人もいない。女性2人客は山歩きをしてきた帰りみたいだ。生ビールをうまそうに飲んでいた。カウンターにいた男性客と知り合いみたいで、合流して餃子を3人前頼んで乾杯していた。男性1人客が2人、カウンターで食べている。家族3人もいる。

 人気店じゃないか。これはいい店に当たったと、嬉(うれ)しくなる。隣の人のところに来たチャーハンも実においしそうだ。他のメニューもみんなうまいに違いないと思った。

 いやーこんな店が近所にあったらいいなぁ、という最もボクが好きなタイプの中華料理屋だった。旅先でこんな店を見つけて、ビール付きの遅い昼メシ。大変シアワセな時間を過ごせた。

 ◇大信(だいしん)柳麺500円、ワンタン麺600円、チャーハン600円、野菜たっぷりの餃子350円は自家製ラー油で。静岡県伊豆市柏久保624の3、伊豆箱根鉄道修善寺駅徒歩2分。(電)0558(72)0446。営業は午前11時〜午後8時。火曜定休。駐車場5台分あり。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る