超刊スポニチ

【飯豊まりえ マチメシ!】甘いだけじゃない!大人のおやつ

[ 2018年11月28日 12:00 ]

メニュー「チーズドック」(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 人気急上昇中の女優、飯豊まりえ(20)がレトロな街の中華、洋食、食堂などを食べ歩きしながらオジさんたちと交流する連載「マチメシ!!」。第13回は、行列ができる東京・神保町の老舗喫茶店「さぼうる」です。お父さん世代のオジさまがたが懐かしがる“大人のおやつ”があると聞いて行ってきました。

 神保町では書店やカレー屋さんによく行きます。専属モデルをさせていただいている雑誌の出版社さんがあるので、お仕事で通い慣れている街なんです。でも、ここ「さぼうる」さんには初めて来ました。知らないと「もぐり」って言う人もいるぐらい、神保町を代表する有名店です。

 お店は駅近くの裏路地にあります。外観はまるで山小屋のようで、異彩を放っています。入り口に置いてある真っ赤な電話もかわいい。えっ?これ、昔の公衆電話なんですか!まるでタイムスリップしてきたようです。

 店内は壁がレンガ造りで、柱や手すりには丸太が使われています。手すりに新聞が何紙か掛けてあって、あれっ?スポニチだけない!と思ったら、常連のオジさまが読んでいました。

【いちご好きうならせる】ドリンクのイチ推しは「いちごのフレッシュジュース」(550円、写真)。いちごのつぶつぶした果実がダイレクトに口の中に広がります。とっても甘い。いちごと牛乳、シロップにクラッシュアイスを加えてミキサーにかけているんですって。見てください、この鮮やかなピンクを!高級なイチゴミルクといった感じです。「男の人もよく注文されます」と伊藤店長。いちご(1月5日)生まれでいちごにうるさい私ですが、これは最高です。

 ▽さぼうる 軽食は「ピザトースト」(大は750円、中は550円)、ドリンクは「クリームソーダ」(650円)も人気。東京都千代田区神田神保町1の11。都営地下鉄、東京メトロ神保町駅から徒歩1分。(電)03(3291)8404。営業は月〜土曜前9・00〜後11・00。日曜定休、祝日不定休。店内に活字類はスポニチや毎日新聞など新聞8紙。

 ◆飯豊 まりえ(いいとよ・まりえ)1998年(平10)1月5日生まれ、千葉県出身の20歳。12年に女優デビュー。今年4〜6月にTBSドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」に出演。フジテレビ系「にじいろジーン」でMCを担当している。1メートル67。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る