超刊スポニチ

【橋本マナミ 恍惚のグルメ】こんなの初めて!シャトーブリ“あ〜ん”炭とんかつ

[ 2018年11月7日 12:00 ]

シャトーブリアン定食を食べる橋本マナミ(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 とんかつ大好きな男性って多いですよね。私も大好きです。でもカロリーとか考えると、どうしても控え気味に。そんな悩みを解決してくれる“美容と健康に良くて美味(おい)しい”とんかつ屋さんを東京・渋谷で見つけちゃいました。その名も「炭とんかつ」。黒とピンクの色鮮やかな断面に、その秘密が隠されていました。

 渋谷駅から徒歩4分の渋谷警察署の裏手に、そのお店「きんとん」はありました。

 とんかつというと「揚げ物でカロリー高め」「脂多い」なんてイメージもありますが、ここのお店は罪悪感なく食べられます。しかもビックリするくらい美味しいんです。

 イチ推しは、数量限定の「シャトーブリアン」(2200円、税抜き)。そこに、このお店の売りと言ってもいい、裏メニューの「活性炭」をプラス200円で追加すると、このお店でしか食べられない極上の“炭とんかつ”になります。

 まず、お皿にのって出てきたそのビジュアルにビックリ。お肉がほんのりピンク色なんです!焼き加減が豚肉なのに“レア”。生に近い状態でもOKの理由は、スーパーなどには出回らない岩手県産のSPFブランド銘柄「岩中豚(いわちゅうぶた)」を使っているからです。

 SPFとは「豚の発育を妨げる特定病原菌がいない」という意味。厳格な基準を全てクリアした農場だけで生産され、更新審査も1年ごと。徹底された衛生環境の中で育てられた健康な豚だからこそ“レア”で食べられるんです。

 しかも、シャトーブリアンは店長さんいわく「ヒレの中でも最も軟らかく、豚一頭から1人前しか取れない」という超希少部位。鮮やかなピンク色はセクシーでエロチックですらあります。

 さらに驚くのが“黒い衣”。高温でしっかり焼き上げた食用の「竹炭粉」を使用。卵に小麦粉、パン粉の衣を纏(まと)う前に、お肉をこの活性炭で包みます。仕込みの様子も見させていただきましたが、その姿は小さな「岩」のようです。

 でも、これが美容にいいんです。竹炭は天然ミネラルが豊富なだけでなく、その吸着性から腸の老廃物を体外へ排出するデトックス効果があるそうです。昔、忍者は解毒のために炭粉末を持ち歩いていたなんて言われてますもんね。

 お肉はビックリするほどの軟らかさでジューシー。独特のうま味が濃厚で甘く、思わず「こんなの初めて」って漏らしちゃいました。竹炭粉は無味無臭だから、お肉本来の味を楽しめます。

 しかも、揚げ物なのに軽くて、胃もたれがしません。岩中豚の赤身肉は、抗酸化作用があるビタミンEの含有量が通常の3倍以上で栄養価も高い。いいことずくめです。

 小皿には、岩塩、しょう油、ソースがあり、個人的には衣のクリスピー感とお肉の甘みを強く感じられた岩塩がお薦め。他にレモン、からし、わさびもあるので、風味を変えながら楽しめます。

 コストパフォーマンス(CP)でも驚きなのが特選ロースかつ(1380円)。とてもジューシーで、脂は口の中でスッととろけてさっぱり。それなのに凄く甘いんです。ぜいたくなシャトーブリアンサンド(1500円)も美味しかったあ〜。

 ランチ(午前11時半〜午後4時)は定食で同じ値段。ごはん、お味噌汁、キャベツはおかわり無料です。このCPは本当に凄い。「プライベートでまた来ます!」って店長さんと約束しちゃったくらいです。

 ≪香りに興奮MAX!!濃厚かつカレー≫ここはトッピングも凄いんです!カレー(300円)を追加してかつカレーにするのがお薦め。スパイシーで濃厚な本格派。カレーをかけた時の、あのビジュアルとフワッと漂う香りだけで興奮度MAX!まるで男子のようにモリモリ食べちゃいました。えびフライ(480円)も大きくてビックリ。CP抜群です。

 ◇きんとん渋谷店 今年3月オープン。東京都渋谷区渋谷3の6の18、第4矢木ビル地下1階。(電)03(5778)9079。月〜土曜午前11時30分〜午後4時、午後5時30分〜午後9時。祝・祝前日午前11時30分〜午後4時。日曜定休。

 ◆橋本 マナミ(はしもと・まなみ)1984年(昭59)8月8日生まれ、山形県出身の34歳。NHK連続テレビ小説「まんぷく」にレギュラー出演中。1メートル68、B86・W60・H88。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る