×

タクシー運転手銃撃事件 拳銃の弾倉、実弾を川口市内で発見

[ 2024年6月23日 04:42 ]

 埼玉県川口市で5月にタクシー運転手の男性が銃撃され重傷を負った事件で、同市の瀬川好一被告(68)=強盗殺人未遂などの罪で起訴=が「捨てた」と供述していた拳銃の弾倉と実弾が、市内で発見されていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 拳銃は自動式で、本体部分は見つかっておらず、県警は捜索を続ける。

 捜査関係者によると、被告が事件後に銃の部品をばらばらにし、数カ所に分けて捨てた可能性がある。

 凶器が見つかりにくいようにする意図があったとみられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「騒動特集」特集記事

2024年6月23日のニュース