×

都知事選“ほぼ全裸ポスター”イメージガールが謝罪、自身が宣伝にかかわった商品の降板も明かす

[ 2024年6月21日 12:19 ]

 東京都知事選(7月7日投開票)の選挙ポスター掲示板に、ほぼ全裸のポスターを貼った、レースクイーンやイメージガールとして活躍する桜井MIUが21日までに自身のX(旧ツイッター)を更新し、謝罪した。

 「ご報告」と題し、「拝啓 この度、名もなき様及び関係者の皆様へご心配とご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません」と謝罪。「これまで名もなきイメージガールとして活動してきましたが、2024年6月20日を持ちまして名もなきイメージガールを降板させていただきます」と、自身が宣伝にかかわってきた商品のPR活動を辞退することを明かした。

 警視庁は20日、このポスターを張ったとして、都迷惑防止条例違反の疑いで候補者に警告した。ポスターは胸や下半身の一部が隠された裸のイメージガールの画像と共に、「表現の自由への規制はやめろ」との文言が記載されていた。

 捜査関係者によると、警視庁に候補者を呼んで警告したところ、「合法だと思っていた。違反であればすぐにやめる」と説明したという。陣営はその後、ポスターの撤去を始めた。候補者は、ポスターを他にも複数種類掲示しており、「子どもに悪影響だ」などの指摘が出ていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「騒動特集」特集記事

2024年6月21日のニュース