×

鉄道ファン大脱線 JR貨物・物販イベント中止 割り込み、口論…興奮状態で警官出動

[ 2024年6月16日 04:40 ]

JR貨物の大宮車両所でのイベントで部品販売会が中止になったが、解体する直前の車両を見て楽しむ来場者たち
Photo By スポニチ

 さいたま市大宮区の大宮車両所で15日、JR貨物が行った車両部品の販売イベントで複数の客が抽選の列に割り込み、整列用のパイロンが壊れるなど混乱があった。安全が確保できないとして販売イベントは中止。会場にいた人の通報で警察官が出動する騒ぎとなった。ケガ人はいない。同社広報は「常識的な行動から大きく外れている」と厳しく批判した。

 この日は車両所を一般開放し、複数の車両の前で記念撮影や運転室見学などができるため、子供や家族連れも見られた。そんな会場の一角で行われたのが車両部品の販売会。車両の銘板や警報機、標識灯のほか、旧国鉄時代から使用されている希少車両の部品も並ぶ予定で、価格は1000円とお手頃な物から、30万円を超える高額な物もあった。

 販売会は先着50人に限り、優先的に部品購入の抽選に参加できる仕組み。JR貨物側は事前に午前9時半の開場前に周辺に滞留や整列をしないよう呼び掛けたが、7時半頃には場所取りする人が見られた。開場時刻近くには、約100人が入場口近くに滞留。横断歩道のない道路を横切って車を停める、パイロンを蹴る、客同士が押し合うなど混乱状態となった。

 入場口に貼られたテープを職員がはがすことが開場の合図だったが、職員は「テープをはがしている最中に大勢の人が入ってきた。中には自分の眼鏡が吹き飛んだのも気にせずに走ってくる人もいた」と話した。入場口からほど近い場所に設けられた整列場所を目がけ、大勢の鉄道ファンが一斉に猛ダッシュ。スタッフは興奮したファンらを何とか誘導しようと試みたが、安全の確保は困難と判断し、販売イベントを中止した。

 なお記念撮影や運転席見学のほか、オリジナルグッズ販売などは行われた。

 それでもお目当ての品を買い損ねた鉄道ファンからは「運営のやり方が悪い」と不満の声も。この日の会場には子供たちも多く来場。過熱気味のファンをいさめる声も聞かれた。都内在住の30代男性は「一部ファンが熱くなりすぎて、普通に鉄道を楽しむ人の肩身が狭い。マナーを守ってほしい」と語気を強めた。

 大宮車両所の所長は今後のイベント運営の方法について「検討する」と回答。有料化などが考えられるが「子供たちが気軽に来られなくなってしまうのも…」と頭を悩ませている。JR貨物は「枠数など弊社としても反省すべき点はあります。ルールを守ったお客さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです」とした。

 ≪福袋100万円も≫同社によると、大宮車両所では近年、販売会をプログラムに盛り込んだイベントを年に1回ほどの頻度で開催。北海道から九州まで全国で販売会などで同様のイベントは行われており、昨年5月に「東京貨物ターミナル駅」(東京都品川区)を一般公開した際には、約6000人が訪れる盛況ぶりだった。鉄道部品を巡っては、JR西日本の関連会社が2012年にグッズショップで、ブレーキ弁や特急マークなどが入った福袋を100万円で販売した。

 ◇鉄道ファン最近の迷惑行為◇

 ▽2023年1月 男子高校生が「好きなアングルで撮影したかった」と静岡県沼津市にあるJR東海道線の踏切6カ所の非常停止ボタンを押して列車を止める。威力業務妨害容疑で書類送検。

 ▽24年3月 JR西日本の特急「やくも」が試運転中に停車した鳥取県江府町の江尾駅で、鉄道ファンが列車に抱きついて撮影する危険行為。

 ▽24年3月 千葉県銚子市の銚子電鉄沿線で樹木の伐採やキロポスト(距離標)の抜き取りなどの迷惑行為が相次ぎ、銚子電鉄は警察に被害届提出。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「騒動特集」特集記事

2024年6月16日のニュース