×

旭川14歳少女凍死事件 当時の市教委「いじめはない」と報告 ずさんさが改めて浮き彫りに

[ 2024年2月12日 05:30 ]

旭川中2女子いじめ問題で市教育委員会が当時の市長西川将人氏に説明するために用いた内部文書の写し
Photo By 共同

 北海道旭川市で2021年、いじめを受けていた中学2年広瀬爽彩さん=当時(14)=が失踪後に凍死した問題で、広瀬さんが失踪前の19年6月に自殺未遂をしたことについて、市教育委員会が当時の市長に「学校でしっかり対応している。いじめはない」と報告していたことが11日、分かった。

 市教委の対応のずさんさが改めて浮き彫りになった。13日で失踪から3年となる。

 当時の市長西川将人氏が共同通信に明らかにした。後の調査で、自殺未遂の直前に学校の先輩から受けた行為がいじめと認定されたが、西川氏は「情報が乏しく、市教委の認識が“トラブル”という状況では、いじめだと判断して市として対応することはできなかった」と振り返った。

 自殺未遂は、地元月刊誌が約3カ月後に報道した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「八代亜紀」特集記事

2024年2月12日のニュース