×

宝くじ高額当せん者のイニシャルは? みずほ銀行宝くじ部「令和3年度宝くじ長者白書」公開

[ 2022年7月5日 14:06 ]

 みずほ銀行宝くじ部は5日、「令和3年度宝くじ長者白書」を発表。高額当せん者のデータを公開した。

 同部では令和3年度に1000万円以上の当せん金を受け取った高額当せん者(数字選択式宝くじでの当せん者を除く)にアンケートを実施。回答を得た390人(男性253人、女性137人)の結果をまとめ、発表した。

 「高額当せん者モデル人間像」は以下の通り
<男性>「60歳以上」「さそり座」イニシャルは「T・S」
<女性>「60歳以上」「ふたご座」イニシャルは「M・M」
 ※イニシャルは名前・姓の順

 当せん時の購入枚数については男性「30枚」(21%)、女性「10枚」(31%)が最も多く、当せん者の約8割がゲン担ぎを行っていたことも判明。「いいことがあったときに購入」(13%)「お参りにいく」(11%)「トイレや部屋の掃除」(9%)などがあった。

 さらに購入時のこだわりは「連番・バラの割合」(21%)、「買う日にち」(14%)、「高額当せん売り場」(13%)などが並び、保管場所は「机の引き出し」(26%)、「神棚・仏壇」(23%)、「タンス」(11%)の回答が多かった。

 使い道は「貯蓄」が43%で圧倒的トップ。「土地・住宅の改築や購入」(16%)、「借入金の返済」(15%)、「車の購入」(15%)など比較的、堅実な回答が並んだ。1等前後賞合わせて7億円の「サマージャンボ宝くじ」はきょう7月5日から発売される。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月5日のニュース