×

岸田首相演説一時中断 目の前で熱中症患者発生し渋谷騒然

[ 2022年7月3日 13:05 ]

岸田文雄首相は渋谷ハチ公前での街頭演説終了後、熱中症で倒れた男性に駆け寄り声を掛ける。隣で心配そうに見守る生稲晃子氏
Photo By スポニチ

 参院選のラストサンデーを迎えた3日、岸田文雄首相が東京・渋谷で街頭演説をしている最中、目の前で熱中症患者が発生したため演説を一時中断した。首相は東京選挙区(改選数6)に立候補した生稲晃子氏を応援。汗が噴き出すような暑さの中で訴えている最中、首相の目の前にいた男性が警備員にもたれるように突然倒れ込んだ。党関係者によると、選挙を手伝っていた関係者の1人で熱中症だったという。

 約3000人(党関係者)が押し寄せた渋谷ハチ公前は騒然。首相も「ちょっと暑さで気分が悪くなった方がおられるようで、ご協力お願いします」と演説を中断。待機していた医師や選対関係者が救護する様子を心配そうに見守った。

 約3分間の中断後、医師の判断を仰いで演説を再開。首相は「くれぐれも暑さには気をつけていただきたい。私も生稲さんと一緒に熱い思いを語っている最中でした。できるだけ簡潔にまとめて訴えたい」と語った。再開後の演説を早々と切り上げ、終了後は救護を受ける男性のもとに駆け寄り体調を案じる声を掛ける一幕もあった。

続きを表示

この記事のフォト

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月3日のニュース