×

激辛つけ麺ヒットの予感

[ 2022年7月2日 14:15 ]

 「つけ麺専門店 三田製麺所」が1日に発売を開始した定番の夏季激辛限定商品「灼熱(しゃくねつ)つけ麺」(990円、税込み)と今年の新作「黄金灼熱つけ麺」(同)が早くもヒットの予感だ。

 「灼熱つけ麺」は辛味の奥にある豚骨魚介スープのうま味を存分に楽しめる一品。辛さも1辛、2辛、3辛、極限の4段階から好みで選べる。早速食べてみた客からは「これを食べないと夏が始まらない」「毎年抜群のおいしさ」との声が上がっている。

 「黄金灼熱つけ麺」は、京都市指定の新京野菜のトウガラシ「京の黄真珠」など複数のスパイスをブレンドした奥行きのある辛みと、国産ゆずを使用したゆず油と刻みゆずの酸味が濃厚豚骨魚介スープと絶妙に調和、辛さとともに和のテイストを感じさせる新しい一杯だ。こちらは「灼熱つけ麺とまた違うおいしさ」「大汗かいてうまい!」など猛暑にピッタリとの感想が続出している。

 サイトメニュー「灼熱唐揚げ」(3個=400円、5個=600円、いずれも税込み)も同時発売。サクサクの衣に“灼熱ラー油”をたっぷり絡めた唐揚げ。灼熱つけ麺のお供に相性は抜群だ。

 “うま激辛”で猛暑を乗り切ろうとする麺好きがますます足を運びそうだ。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月2日のニュース