×

尼崎USB発見で委託業者が会見 発見場所は「吹田市にあるマンションの敷地内」

[ 2022年6月24日 16:00 ]

 兵庫県・尼崎市から委託された「BIPROGY」関西支社の関係社員が紛失した、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが24日に発見されたことを受け、「BIPROGY」が同日に会見を行った。

 「BIPROGY」の竹内裕司・関西支社長は発見時の状況について、「当社の方に連絡来た時間は11時40分。発見場所は吹田市にあるマンションの敷地内と聞いている。発見したのは本人。警察の方が一緒に探してくださった。本人と警察の方とで発見したと報告を受けている。USBメモリーに関してはしっかり確認をしているが、そのほかのものについては盗難や紛失があったかなかったかは確認中」とし、パスワードは変更されていなかったと説明した。

 尼崎市は23日に、「BIPROGY」関西支社の関係社員が21日に飲食店で食事や飲酒をした後、帰宅時にUSBメモリーが入ったかばんを紛失したとし、関係先を捜したものの見つからなかったため、22日に警察に遺失物届を出していた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月24日のニュース