×

山口県阿武町長 約4300万円確保に安堵も「全てが回収できているわけでは…ひたむきに努力を」

[ 2022年5月24日 12:55 ]

 山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円の一部を使用したとして、電子計算機使用詐欺容疑で同町の無職田口翔容疑者(24)が逮捕された事件で、町は24日に記者会見を行い、約4300万円を法的に確保したと明らかにした。

 冒頭で、花田憲彦町長は「公金の誤振り込みについては、4月8日から法的手続きをとって参りました。こうした中、本日現在合計で4299万3434円を法的に確保することが出来ましたので、本日記者会見を開催させていただきました」と決済代行会社などから4299万3434円を法的に確保したと説明した。

 また、約4300万円を法的に確保できたことに関しては「一部ではありますけど、相当大きな部分を占めるような額を確保することができたということで、ある意味では若干安心したということでありますが」とし、「まだまだ全てが回収できているわけではないので今からもずっとひたむきに努力を続けていかなければならないなという風なことを改めて感じました」と語った。

 容疑者の代理人弁護士によると、容疑者は口座に振り込まれた4月8日から19日までに計約4633万円を出金。5月18日に田口容疑者が逮捕された後、代理人弁護士は20日、同容疑者が町からの誤って振り込んだ4630万円を返還する請求を無条件に認める「認諾」手続きを取ったと表明していた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月24日のニュース