×

マスク氏による買収で「Twitter有料化」トレンド入り 「ブルー」拡充かそれとも…ユーザー困惑

[ 2022年4月26日 19:13 ]

 短文投稿サイトを運営する米ツイッターは25日、米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏がツイッターを買収することで合意したと発表した。

 マスク氏は広告依存から脱却する方針を示しているためか、「Twitter有料化」がトレンド入り。「有料化は辞めてほしい」、「ありえない」という意見や、困惑する企業の広報用アカウントもあった。

 現在、ツイッターは月額制の有料サービス「ツイッターブルー」を米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで展開。「ツイッターブルー」の拡充などを目指すとみられるが、現在、同社は「Twitter Blueについて」の項目で、「無料のTwitterが廃止されることはありません。Twitter Blueは、Twitterをより快適に活用するためのカスタマイズ機能をオプトインにより提供するものです」と説明している。

 「言論の自由を守る」と訴えてきたマスク氏は日本時間26日、自身のツイッターに「私の最悪の批評家でさえ、ツイッターに残ってほしい。なぜなら、それが言論の自由が意味するものだから」とつづった。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年4月26日のニュース