虎の門病院医師の男再逮捕 窃盗容疑「黒装束で泥棒する映画に刺激 高揚感忘れられず」

[ 2022年1月14日 05:30 ]

 東京都多摩市の住宅に窓ガラスを割って侵入し現金を盗んだとして、警視庁捜査3課は13日までに、窃盗と住居侵入の疑いで、虎の門病院(東京都港区)の医師遠山友希容疑者(31)=港区=を再逮捕した。名医が多いといわれ、政財界など著名人御用達の名門病院でまさかの不祥事となった。

 遠山容疑者の逮捕は3回目で「黒装束で泥棒をする映画を見て刺激を受けた」と供述。映画は大学生の頃に見たといい「好奇心から一度窃盗したらうまくいき、高揚感が忘れられなくなった。仕事のストレスもあった」とも話しているという。

 遠山容疑者は金沢大に在学していた2016年5月に金沢市内の住宅で、21年4月に多摩市の住宅でそれぞれ現金を盗んだとして、窃盗容疑などで警視庁に2回逮捕された。他にも金沢市内や千葉県内の住宅で同様の手口による窃盗被害などが41件確認されており、同課が関連を調べる。

 再逮捕容疑は21年4月25日未明、多摩市の住宅にドライバー状の物で窓ガラスを割って侵入し、リビングから現金約5万2000円を盗んだ疑い。

 多摩市内の事件現場周辺の防犯カメラなどで遠山容疑者が浮上。その後の捜査で金沢市内の事件も発覚した。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月14日のニュース