米ファイザー 変異株ワクチンの3月供給にめど 既に生産スタート

[ 2022年1月12日 05:30 ]

 米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、オミクロン株に対応するワクチンを3月にも準備できるとの見通しを明らかにした。米CNBCテレビに語った。既に生産を始めているという。

 新たなワクチンは他の変異株も標的にしたもので、一部の国から引き合いがあり、準備を進めているとした。一方、既存のワクチンでも重症化や死亡を防ぐ効果は期待できるため「こうしたワクチンが必要かどうか、どのように使われるのかは分からない」と述べた。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月12日のニュース