風呂場で転倒して骨折の熊本市長「成人式に出られず情けなくて泣いた」

[ 2022年1月11日 11:46 ]

熊本市の大西一史市長
Photo By スポニチ

 熊本市の大西一史市長が10日、自身のツイッターを更新。新成人にエールを送った。

 大西市長は仙骨を骨折して、この日の成人式を欠席。「今日は成人の日。新成人の皆さんおめでとうございます」と投稿した上で、シンガーソングライターの樋口了一の「1/6の夢旅人2002」を紹介。「新成人の皆さんは樋口了一さんのこの曲のように前向きに全力で頑張って下さい!」とエールを送った。

 さらには自身の二十歳の頃を、「浪人中で親に嘘ばかりついてドラム三昧。せめて今年こそ何とか大学に受からねばと少し心を入れ替えていた時期。下宿に帰ると母から『成人おめでとう。今年は頑張って』と電報が届き情けなくて泣いた」と回想。「それから34年後市長になり風呂場でこけて骨折して成人式に出られず情けなくて泣いた」とオチをつけた。

 大西市長は4日にツイッターを更新。「昨日入浴の際に転倒して臀部を強打して仙骨を骨折してしまいました。全治8週間で痛みが治るまではリモートで執務を行い安静にします。私の不注意で市民の皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」と明かしている。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月11日のニュース