不適切字幕でNHKが謝罪 五輪デモ金銭動員は未確認 担当ディレクターの「思い込みによるもの」

[ 2022年1月10日 05:30 ]

東京・渋谷のNHK
Photo By スポニチ

 NHKは9日、昨年12月に放送したBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、五輪反対デモの参加者という人物について、金をもらい動員されたと不確かな字幕説明を付けていたと発表した。制作に当たった大阪放送局はデモ参加を確認できていないとし、「(NHKの担当者の)思い込みによるもので、関係者、視聴者の皆さまにおわびします」と謝罪した。

 9日夜にはBS1の放送で経緯を説明し改めて謝罪した。
 東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀬直美さんに密着取材した番組で、問題となったのはデモ参加者として紹介された男性が「お金をもらって動員されていると打ち明けた」とのテロップが映し出された場面。NHKディレクターが撮影し、撮影後の補足取材に対し男性が(1)過去に五輪とは関係ないデモに参加し金銭をもらったことがある(2)五輪反対のデモに参加する意向―とだけ説明したのに、ディレクターは取材結果とは異なるテロップを付けたという。

 放送後、この字幕がインターネット上などで論議を引き起こし、問い合わせも相次いだため、NHKが今年1月、男性に確認。大阪放送局の堀岡淳局長代行は「取材後の五輪反対デモには参加していないと男性は話している」とした上で「過去の(反五輪)デモに参加したかどうかは確認できていない。(男性の)記憶があいまいだ」と述べた。

 堀岡局長代行は「事実の捏造につながるやらせといったことはない。(NHK側の)思い込みで不確かな字幕を付けてしまった」と釈明。「河瀬さんらに責任はありません」とし、河瀬さん側にも謝罪したという。

 番組は昨年12月26日に放送、30日に再放送された。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月10日のニュース