マック ポテト再び販売制限 1カ月程度L・Mを休止

[ 2022年1月8日 05:30 ]

 「マックフライポテト」のSサイズ
Photo By 共同

 日本マクドナルドは7日、国内約2900の全店舗で「マックフライポテト」のLサイズとMサイズの販売を一時休止すると発表した。北米からの輸入が遅れているためで、9日から1カ月程度はSサイズのみ販売する。昨年末に続き再び販売制限に追い込まれた。

 船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模水害に伴う物流の混乱に加え、同地域での積雪や航路上の悪天候などが影響し、1月上旬以降に到着予定だった船便がさらに遅れているという。担当者は「十分な在庫を確保するため、休止期間を長めに設定した」と説明している。

 大規模水害の影響で昨年12月24日から30日までL・M両サイズの販売を休止し、31日から再開したばかりだった。前回と同様、セットメニューの「バリューセット」「バリューランチ」にポテトをつけた場合は、Sサイズを提供した上で50円値引きして販売する。夜マックの「ポテナゲ大」と「ポテナゲ特大」は販売を休止する。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月8日のニュース