オミクロン株 日本上陸、先月28日入国ナミビア人外交官感染 既に国内流入か

[ 2021年12月1日 05:30 ]

オミクロン株の感染が確認された国・地域
Photo By スポニチ

 政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと公表した。感染者は、アフリカ南部ナミビアから28日に成田空港に到着したナミビアの30代の男性外交官。入国時の検査で陽性判定、詳しい解析の結果、判明した。入国時は無症状だったが29日に発熱し、医療機関で隔離中。7月にモデルナ製ワクチンの2回目接種を受けていた。

 政府関係者によると、男性はエチオピア発の飛行機に乗り、韓国の仁川空港経由で成田空港に到着。同乗者70人のうち約半数が仁川空港から新たに搭乗した。家族2人を含む70人のうち、1人発熱したものの全員陰性だった。宿泊施設や自宅で待機している。政府は全員を濃厚接触者として扱う。約40人が都内在住で、都は健康状態の報告や居場所の確認に応じない場合は氏名を公表する。

 オミクロン株の上陸を受け、岸田文雄首相は関係閣僚と官邸で対応を協議。水際対策と国内感染予防の観点から(1)状況の迅速な把握(2)全ての陽性者のゲノム解析徹底――を指示。水際対策に関する省庁横断のタスクフォースも設置した。

 世界に広がり始めたオミクロン株だが、詳しい性質は不明。ただ、各国の感染事例報告などから猛スピードで拡大する可能性が指摘されている。春から夏にかけて、世界を席巻したデルタ株以上の広がりをみせる恐れもある。

 オミクロン株は、南アフリカ共和国ハウテン州で11月9日に初めて確認された。南アでは新型コロナウイルスは、ほぼ全てデルタ株になっていたが、ハウテン州で11月12~20日に採取した77検体をゲノム解析したところ、全てオミクロン株に置き換わっていた。わずか2週間足らずでの出来事に、欧州疾病対策センターは「著しい感染性の高さが懸念される」と強い警戒感を示している。

 オランダ保健当局は30日、同国で11月19日と23日に採取した2つの検体からオミクロン株を検出したと発表。南アが初めて世界保健機関(WHO)に報告した24日より早い段階で欧州に存在していたことを示している。日本は、11月上旬に外国人ビジネス関係者らの入国制限を大幅に緩和。順天堂大の堀賢教授(感染症対策)は「オミクロン株は既に入っていると考えるのが自然。感染流行の第6波は必ず来る」とした。

 《塩野義製薬、ワクチン開発検討》塩野義製薬は30日、オミクロン株に対応するワクチンの開発を検討していることを明らかにした。同社は現在、自社開発の新型コロナワクチンの実用化に向け、最終段階の臨床試験(治験)を実施しているが、オミクロン株の感染拡大にも備える。また米モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は、オミクロン株に対する既存のワクチンの効果は従来の変異株に対するものより弱いとの見解を示した。英紙が30日、伝えた。ワクチンの改良には数カ月がかかり、量産は来年になるとの見通しも示した。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月1日のニュース