立民新代表に泉健太氏「47歳の新しい船長です」、執行役員に女性半数起用へ

[ 2021年12月1日 05:30 ]

 立憲民主党の代表選が30日、都内で行われ、泉健太政調会長(47)が新代表に選ばれた。泉氏が1回目の投票で1位だったものの過半数に達せず、2位の逢坂誠二元首相補佐官(62)との決選投票を実施。ともに北海道出身の道産子対決を泉氏が制した。任期は2024年9月末まで。

 枝野幸男前代表(57)より10歳若い泉新代表は「47歳の新しい船長です」とあいさつ。執行役員について半数を女性にし、代表選に立候補した逢坂氏、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)を起用する考え。まずは人事で世代交代と刷新感をアピールする。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月1日のニュース