スペインのカナリー諸島と英仏海峡で難民を巡って混乱 死者多数

[ 2021年11月25日 10:22 ]

カナリア諸島に到着した西アフリカからの難民(AP)
Photo By AP

 アフリカ西部のカナリア諸島(スペイン領)で北アフリカや西アフリカから押し寄せてきた計400人以上の難民が24日に救助された。いずれも小さな船に詰め込まれた状態で、AP通信によれば、海上に放り出された24人は泳いでモロッコの海岸に戻ったが、うち1人が死亡したと伝えられている。

 カナリア諸島には今年になってモロッコ、西サハラ、モーリタニア、ガンビアなどから1万8000人の難民が殺到。その数は減っておらず、スペイン当局は対応に苦慮している。

 一方、フランス北部カレー沖の英仏海峡では同日、フランスから英国へ渡ろうとした移民を乗せたボートが沈没。5人の女性と1人の子どもを含む31人が死亡した。同海峡を渡る移民が増加した2018年以降では最多の死者数。当局ではヘリコプターと船などで遭難者を捜索している。

続きを表示

この記事のフォト

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月25日のニュース