中3男子を刺殺 同学年の男子逮捕 刃渡り20センチの包丁を計画的に持ち込んだか

[ 2021年11月25日 05:30 ]

事件があった愛知県弥富市の市立十四山中
Photo By 共同

 愛知県弥富市の市立十四山中で24日、3年の伊藤柚輝さん(14)が同学年の男子生徒(14)に包丁で腹付近を刺され搬送先の病院で死亡した。県警は殺人未遂の疑いで男子生徒を現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べる。

 「生徒同士のトラブルがあった」

 午前8時10分ごろ、学校から110番があった。県警によると、伊藤さんは校舎2階の教室前の廊下で刺された。出血しながら自力で教室に戻り、床にあおむけで倒れた。

 会見した黒川利之校長によると、事件があった午前8時ごろは、授業前の「読書時間」が教室で始まる直前だった。同7時50分に開門し、担任教師と生徒の多くは教室に入っていた。伊藤さんは男子生徒に教室から廊下へ呼び出された直後に襲われたとみられる。悲鳴を聞いて駆けつけた教員が男子生徒を制止し、包丁を放すよう諭すと逆らわずに従ったという。

 伊藤さんは、教員や救急隊から心臓マッサージを施されたが、約2時間半後、搬送先の病院で出血性ショックで死亡した。包丁は肝臓を貫通。すい臓も損傷していた。現場で押収された包丁は刃渡り約20センチ。学校の備品ではなく、男子生徒が事前に購入し計画的に持ち込んだとみられる。

 逮捕容疑は24日午前8時ごろ、殺意を持って伊藤さんの腹付近を包丁で刺した疑い。「私がやったことで間違いない」と容疑を認めているという。

 2人の間に何があったのか。2人は別のクラスで、部活動も異なっていた。ただ、中2の時は同じクラスで、小学校も同じだった。市の教育委員会は、2人の間のトラブルを「把握していない」と説明。11月上旬に回収したいじめの有無を問うアンケートにも2人に関する記載はなかったという。奥山巧教育長は、原因を究明するため第三者委員会を設置すると表明した。県警は、2人のトラブルの有無などを捜査する。

 市教委によると、同校の生徒数は138人で、うち3年は47人(ともに今月1日時点)。学校は、25日から予定していた期末テストを延期。県にスクールカウンセラーの増員を要請し、生徒の心のケアにあたる。

 《「リーダーのような存在」》死亡した伊藤さんはスポーツが得意で面倒見の良い少年だった。娘が伊藤さんと幼なじみという女性は「学校の中心にいるような子」と表現。困り事を抱えた友達に積極的に声を掛ける「リーダーのような存在」だったという。野球部に所属し、練習に打ち込んでいた。9月の体育祭ではチームのまとめ役を任され、下級生にダンスを教えるなど役割を十分に果たした。通っていた塾が同じだったという高校1年の男子生徒(16)は「いつも友達と楽しそうに話していた。どうしてこんなことに」と語った。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月25日のニュース