ハリポタ作家に殺害予告 ツイッターで公表、トランスジェンダーの人々と論争

[ 2021年11月24日 05:30 ]

 ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズで知られる英作家J・K・ローリングさん(56)が、ツイッターで多数の殺害予告を受けたことを公表した。トランスジェンダーの権利活動家3人がローリングさんの自宅前で、住所が分かる写真をツイッターに投稿。脅迫やストーカー行為が始まったという。警察が捜査に乗り出し、3人のアカウントは閉鎖された。

 ローリングさんは2年前、「女性」の代わりに「月経のある人たち」という表現を使用することに反対。女性の性に基づく権利は保護されるべき、という見解を巡りトランスジェンダーの人々と論争を続けている。ツイッターには「多くの殺害予告を受けていますが、私は発言をやめない」と付け加えている。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月24日のニュース