台本通りの“笑顔”!? 中国テニス不明選手の動画公開

[ 2021年11月22日 05:30 ]

「チャイナ・オープン」の「微博(ウェイボ)」公式アカウントに21日掲載された、北京で行われたテニスイベントに参加する彭帥さん(中央)の写真(提供写真)
Photo By 提供写真

 中国最高指導部メンバーだった張高麗元副首相(75)との不倫関係を2日に告白した後、消息不明になっていた女子テニス元ダブルス世界ランキング1位の彭帥(ほう・すい、35)の動画が21日、公開された。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進(こ・しゃくしん)編集長がツイッターに投稿した37秒の映像で、この日午前に北京で開かれたテニス大会の模様。来賓として紹介され、右手を振りながら笑顔を見せている。同紙記者が撮影したという。

 20日深夜にも、レストランで友人らと夕食を取ったとする様子を2本投稿。入店時の15秒のものと、テーブル席での1分8秒。談笑の場面では彭以外の男女の間で「明日は20日?」「いや21日だ」との会話がされている。胡氏は自身が入手したとし、最新映像だと強調するように「土曜日に撮影されたことが分かる」と書き込んだ。

 中国では通常閲覧できないツイッターへの相次ぐ投稿。直近の映像で「無事」であることを強調、国際社会の懸念を払しょくする狙いがあるとみられる。中国国営メディアが18日に、自らは無事で性的暴行も「事実ではない」とした彭のものとするメールを公開したが、自身の意思で書いたものか疑問視する声が広がっていた。

 また、中国の人権問題から来年の北京冬季五輪を外交ボイコットする動きがあることなどを警戒して積極的に公開したとみられる。
 しかし、政府にとって好ましくない言動をした人物に対し強制的に意に沿った発言をさせてきたなどと人権団体から指摘されてきた中国政府。今回の動画も当局の台本通りの“笑顔”との疑念は残り、国際社会が納得するかは見通せない。

 女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は、動画について「彼女が自分で決定を下し、行動を起こすことができるか不明」と不信感をあらわにし、懸念払しょくには「不十分」とする声明を出した。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月22日のニュース