大谷のMVP受賞後にトレカ1000万円以上値上がり 日本ハム時代カードも高騰?

[ 2021年11月21日 05:30 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 大谷のMVPから一夜明けて、トレーディングカードが100万円以上値上がりした。米電子商取引(EC)大手「イーベイ」ではメジャーで新人王に輝いた2018年に発売された直筆サイン入りの希少カードに10万9000ドル(約1241万円)の値が付いていた。同社日本法人によるとMVP発表前日の日本時間18日は9万8000ドル(約1117万円)で、一夜にして100万円以上急騰した。

 同サイトでは、同僚でMVP受賞経験があるマイク・トラウト(30)とそろい踏みした直筆サイン入りレアカードが50万ドル(約5700万円)という破格の値段で出品されている。担当者は「今後はメジャーデビュー時のカードや日本ハムに入団した2013年当時のカードはさらに人気、価値が高まる可能性がある」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月21日のニュース